緊張から来る口臭の原因と対処法について

161125今までに緊張した経験を持っている人は多いでしょう。誰でも緊張する場面に遭遇したことはあるでしょうし、その時に異様に口の中が乾いたことがありませんか?緊張からただ心臓がドキドキしたりお腹が痛くなるだけでなく、口内にも異変が起きます。

その異変が口臭にもなることがあるので要注意です。緊張している時にさらに口臭まで感じるようになったら、ますます焦ってしまいます。

では、なぜ緊張すると口臭が発生するのでしょうか?まずは緊張から口臭が発生する仕組みを考えてみましょう。

そして、緊張しているときに口臭を感じたらどのようにして対策を取れば良いのかという点についても触れたいと思います。

なぜ緊張すると口臭が発生するのか?

161125-2緊張から口臭が発生する仕組みとしては、以下の点が考えられます。実際に自分の体で感じてわかることもあれば、見えない部分で口臭の元となる状態になっている可能性もあります。

口の中が乾くから

緊張が増すにつれて口の中がからからに乾いたことはありませんか?飲み込む唾も少なくなってしまうほど口の中が乾燥することもあります。

これは、唾液の分泌が自律神経によってコントロールされているからです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、緊張しているときに交感神経が優位に立っている状態になります。

交感神経が優位になると唾液の分泌量が少なくなり、口の中が乾いてきます。

唾液には口の中の細菌を洗い出す働きがあると言われ、これによって口臭を防ぐことができますが、唾液が少なくなってしまった口の中では細菌が留まり続け口臭の元となってしまいます。

よって緊張から来る口臭は唾液の分泌が少なくなり乾燥することから発生する流れになっています。

唾液の種類に注目

唾液の少なさが緊張時の口臭の主な要因として考えられますが、それだけではありません。唾液にも種類があり、どんなタイプの唾液かによって口臭の有無も変わってきます。

唾液にはネバネバした唾液とサラサラした唾液の2つに分けられます。サラサラの唾液は口の中をきれいに洗浄するので口臭の原因にはなりません。しかし、ネバネバした唾液は要注意です。

ネバネバ唾液にはムチンという成分が含まれており、細菌が増える原因にもなります。ここから口臭にも発展しやすいのでネバネバ唾液には注意したいです。

このネバネバ唾液が緊張状態にあるときに出る唾液になるので、唾液の種類によっても口臭を招いている可能性があります。

胃腸の働きが弱まるから

緊張すると胃が痛い、お腹が痛くなるということありませんか?これは緊張によって胃腸の働きが弱まっているからです。

いつもの健康的な状態よりも緊張から胃腸に負担がかかっているサインでもあります。胃腸が弱まると口臭も発生します。

緊張すると胃腸からの臭いも出てくるようになり、いつもより口臭がきついと感じることがあるのです。

緊張からの口臭の対策法

161125-3緊張から来る口臭はどうしようもない部分もあるのですが、できるなら何か対策を取って解決したいものです。そこで、こんな対策法を一度試してみてください。

水分を補給する(特にカテキンがおすすめ)

緊張しているときは口の中が乾ききっています。唾を飲み込むのもやっとというくらい緊張することもあります。

そんな時はリラックスして水分を補給しましょう。おすすめは水やお茶です。水分を摂取すると口の乾きを改善できるので、口臭が気にならなくなります。

飲み物の中でもおすすめしたいのが、お茶です。お茶の中でもカテキンが豊富に含まれている緑茶が良いでしょう。

カテキンには消臭効果があるので、緑茶を選んで飲んでいると口臭も改善されます。緊張するような場に立つ時には、あらかじめ緑茶を持っておくと安心です。緑茶で喉を潤し、口臭も消すことができます。

また、水やお茶がおすすめと説明しましたが、ジュースは逆にますます喉が渇いてしまうことがあるので避けましょう。コーヒーや紅茶は利尿作用があるのでトイレが近くなってしまいます。さらにコーヒーなどの嗜好品からは独特の口臭が発生するので、注意しましょう。

唾液腺のマッサージで唾液を増やす

緊張している時は気持ちを落ち着かせようと思っても難しいです。そうなるとますます唾液は少なくなっていきます。そこで、唾液腺マッサージをして唾液の分泌を促してみましょう。

唾液腺マッサージには3つのツボがあり、耳下腺、顎下腺、舌下腺となっています。しっかりと手で押してマッサージをすると、何もしていない時よりは唾液の分泌を促してくれます。

緊張している時にもマッサージをして少しでも気分がリラックスすると、より唾液も分泌されるでしょう。

耳下腺、顎下腺、舌下腺それぞれ3つのツボの場所を押さえておくと、緊張して口臭が気になる時にも実践できるでしょう。

ガムを噛んでリフレッシュする

最後に口臭の対策法としては定番になるガムを噛むを紹介しましょう。ガムは味があるので、口臭を消したい時には最適です。

メンソールタイプのものもあればミントやフルーツの味など、ガムにもいろんな種類があります。そこで緊張時の口臭を予防したい時には、ミント系や甘さの感じられるガムが良いでしょう。

ミント系は消臭効果があるので口臭を予防し、スーっとする爽快感が緊張を和らげてくれるでしょう。

甘さが加わっているフルーツ系のガムは甘さが唾液の分泌を促すので、口臭予防に活用できます。

噛む行為からも自然と唾液を分泌できるので、緊張から来る口の乾きも改善されるでしょう。緊張は誰でもするものです。その緊張とどう向き合っていくかが、口臭予防にも大事だと思います。

自分の好きな味のガムでも気分がスッキリするガムでも何でも良いので、いくつかカバンに入れておくと緊張している時にも安心です。

また、ガムは噛んだ後出さないといけないのでそれができない時にはミントタブレットがおすすめです。噛んでそのまま口の中で溶かすタイプなので、ガムのゴミを出せない時にも便利です。

少し辛めのミントタブレットが緊張からの口臭をすっきり除去してくれます。タブレットにもいろんな種類や味があるので、好みのものを選んでみると良いでしょう。

まとめ

まとめ緊張から来る口臭は多くの人が経験したことだと思います。現に今の生活の中でも仕事や学校で緊張する場面は時折訪れます。そんな緊張状態にあるとき口が乾いている、口臭が気になる場合は、口臭対策も始めましょう。

緊張しているときに口臭が起きる原因は

  1. 唾液が少なくなっているから
  2. ネバネバした唾液になってしまっているから
  3. 胃腸の働きが弱まり、体の中から臭いが発生しているから

という3つが挙げられます。

そして、緊張から来る口臭の対策法は以下になります。

  1. カテキン配合の水分を補給する
  2. 唾液腺マッサージで唾液を増やす
  3. ガムを噛んでリフレッシュする

この3点を意識して行ってみましょう。緊張している時にも試すことが出来る3点です。飲み物やガムは事前に意識して選んでおくと緊張時に活用できます。

緊張からの口臭は誰にでも起こるものです。しかし、緊張している上に口臭まで出てくると、ますます気持ちの面で不安定になります。緊張と上手に向き合うためにリラックスできる方法も自分なりに見つけておくと安心です。

口臭がなくなるだけでも緊張が和らぎ、うまくいくことがあります。自信を持つためにも緊張時の口臭対策を実践してみましょう。