生理的口臭とは?生理的口臭の特徴と具体的な対策!

16117-2

口臭と一言にいっても種類があるの知っていますか?人によってどんな臭いかも変わってきますし、その日の体調や食べたものによっても臭いは変わります。

中でも生理的口臭は口臭の90%以上を占めると言われています。今口臭で悩んでいる人も、その大半が生理的口臭と思って良いでしょう。

その生理的口臭についてどのような口臭なのか、対策をしていく際にはどんな点に気をつければ良いのかといった点について説明していきたいと思います。普段の生活の中で少し意識するだけでも生理的口臭を予防できます。

生理的口臭とは?

16117-4生理的口臭とは毎日の生活の中で発生しやすい口臭です。日常のさまざまなシーンで感じる口臭の種類で、誰にでもある口臭です。

生理的口臭が発生しやすいシーンとしては、起床時、空腹時、緊張している時、ストレスが溜まっている時などになります。

私たちが生きている限り感じる口臭となっているので、毎日の中で気をつけておかないといけません。誰にでも起きる口臭であっても周りの人に気づかれるのは嫌なので、きちんと対策を取っていきたいです。

生理的口臭の主な原因は唾液の分泌量が少なくなっているという点にあります。たとえば寝起きは眠っている時に唾液が少なくなっており、もし口呼吸で寝ていたらますます口の中は乾燥します。そして、口の中には細菌が繁殖しやすい環境になっています。

お腹が減っている時は長い時間食べ物を噛んでいないことから唾液の分泌が少なくなっています。さらに、ストレスや緊張によって唾液の分泌が少なくなることから雑菌が繁殖している状態になるので口臭となって発生します。

このように生理的口臭はよくある口臭の1つで、すでにみなさんが感じたことのある種類の口臭になります。

しかし自分の口から臭いがするとなると人と話す時にも気になりますし、臭いが辛いと感じるので生理的口臭であってもできるだけ早く解決していくようにしたいのです。

生理的口臭の対策について

16117-3起こりやすい生理的口臭を改善していくには、どのような対策を行えば良いのでしょうか?具体的に生活の中で実践できる対策法を以下に記していきます。

食事をするときはしっかり噛む

生理的口臭は唾液の分泌量が少なくなって発生しているので、唾液をどんどん分泌できるようにすると気にならなくなります。

そこで、食事をする時にはしっかり噛むようにしましょう。咀嚼をしっかり行うだけで唾液は分泌されます。30回噛んでから飲み込むようにと言いますが、実際にはそれぐらい噛むと唾液がどんどん溢れてきます。

また、食事の中で柔らかいものばかり食べているとあまり噛まずに飲み込んでしまうのでよくありません。柔らかいものばかりでなく、硬いものもよく噛んで食べる習慣をつけてみましょう。

柔らかいものを多く食べていると口の周りの筋肉が衰えて唾液の分泌も減っていくと言われています。噛んであごを鍛えると唾液も分泌されるので、自然と口臭も減っていくと考えられています。

硬い食べ物でおすすめなのは、昆布や煮干などの乾物です。乾物は健康にも良いので噛むためだけでなく日頃から活用してもらいたいと思います。

唾液腺マッサージをする

食事の際にしっかり噛むことを意識するだけでなく、唾液が分泌されるように促す唾液腺マッサージもやってみましょう。

唾液腺のツボとしては3箇所あります。

16116ira

1.耳下腺

耳たぶの少し前、上の奥歯あたりになる頬の部分に人差し指を当てて指全体で押していきます。

ツボを押す感覚と同じようにギューッと押してみましょう。目安は5~10回です。これは酸っぱいものを想像した時に唾液が出てくる部分にもなります。

2.顎下線

2つ目は顎下線です。あごの骨の内側にある柔らかい部分になります。ここに指を当てて耳の下からあごにかけて優しく押します。これを5回~10回繰り返してみましょう。

3.舌下腺

最後に舌下腺を紹介します。舌下腺はあごの先の尖っている部分の内側になり、舌の付け根に位置します。

下顎から舌を押し上げるようにして両手の親指を使って押します。こちらも目安は5回~10回になります。口腔ケアを行う際のマッサージにもこれらの部分はきちんと含まれています。

一度やってみると2回目以降は押す場所もつかみやすくなります。毎日気がついた時に続けるだけでも唾液の量に変化が見られるでしょう。

リラックスする

緊張しているとお腹が痛くなるだけでなく、口の中が乾いたことありませんか?これは緊張状態にある時、体の中では自律神経が優位に立っており、唾液の分泌が減ってしまうからです。

緊張するようなシーンは誰にでもあることなので、どうやって緊張をほぐすのか、自分なりにリラックスできる方法を見つけておくと良いでしょう。

肩の力を抜いて深呼吸をする、水分を取って口の中を潤すなど実践してみましょう。極度の緊張状態になると本当に喉がカラカラになります。ここから口臭にもなっていくので、緊張しやすい人はリラックスできる方法をすぐに実践できるようにしておくと安心です。

歯磨きとうがいを徹底する

生理的口臭はいつでも起こりえます。そこで、日頃から生理的口臭が発生しないようにするためには、歯磨きとうがいを徹底することが大切です。これは基本にもなるので、歯磨きをきちんとしていない人は改善しましょう。

歯磨きは歯の汚れをちゃんと落としてくれる歯磨き粉を使って1本1本丁寧に磨きましょう。歯の表面だけでなく裏側も磨くようにしましょう。裏側は食べたカスや汚れが溜まりやすいです。

そして、うがいも適当にしてはいけません。歯磨き粉を落とすためだけでなく、歯や口の中にある汚れをしっかり洗い流すという目的があります。歯磨きを丁寧にしてもうがいをしないと意味がありません。

うがいはしすぎも良くないと言いますが、口の中の汚れをきれいに除去するには回数をこなした方が良いでしょう。

歯磨きをする際には、歯ブラシだけでなく歯間ブラシもおすすめです。歯ブラシでは歯と歯の隙間をきれいに磨くのは難しいです。しかし、歯間ブラシなら隙間に差し込んで汚れを取れるので歯ブラシとセットにして使用しましょう。

時間がない時でもできるだけ歯磨きを丁寧にする習慣をつけるだけでも生理的口臭は予防できます。特に夜寝る前はしっかりと磨いてから就寝しましょう。これは夜眠っている間に口の中に細菌が繁殖して口臭になるのを防ぐためです。

まとめ

まとめ生理的口臭はほとんどの人が今までに経験していることでしょう。気がついたら消えていたということもありますが、体調不良や生活習慣によってなかなか改善されない場合もあります。

そこで、生理的口臭がなぜ発生するのかという原因をまずは知っておきましょう。生理的口臭は起床時や空腹時、緊張している時やストレスが溜まっている時に発生する確率が高いです。

そして、生理的口臭の対策としては歯磨きやうがいを徹底することだけでなく、リラックスして過ごすのも大切です。

その他には食事の際にはしっかりと噛む、硬いものを意識して食べる、唾液腺マッサージもおすすめです。唾液腺マッサージは一度押す場所を覚えておくと、どこでもできるので生理的口臭が気になる時には活用できるでしょう。

生理的口臭は口臭の中でも起こりやすい種類に入るので、日頃から意識して予防しておくと安心です。口臭は人とのコミュニケーションにおいても障害となります。いつでも誰とでも快適に過ごせるように口臭ケアをしておきたいですね。