妊娠中の口臭をなんとかしたい!その対策法とは?

女性は妊娠するとさまざまな体の変化には戸惑うものです。お腹の中に一人の命が宿ることで、今までとは違う体の変化も感じます。

ただお腹が大きくなるだけでなく、便秘になってしまった、食べ物の好みが変わってしまった、常に眠たい・・・などと人によって感じる変化は異なります。

そんな中、妊娠中に口臭がひどくなったという人もいます。お腹の中に赤ちゃんがいることと口臭に一体どのような関係があるのだろうと疑問に思ってしまいます。

しかし、妊娠中に口臭がきつくなるのにはちゃんと理由があったのです。その理由についてまずは触れていこうと思います。そして、妊婦におすすめの口臭対策も紹介します。

なぜ妊娠中は口臭がきつくなるのか?

まずは、なぜ妊娠中に口臭がきつくなるので、その理由を以下に記載していきます。

唾液がアルカリ性から酸性に変わるから

唾液がアルカリ性から酸性に変わると言われても、自分の口の中でどのようなことが起きているのか検討はつかないでしょう。

通常、唾液はアルカリ性となっています。アルカリ性であれば特に口臭となって臭いが発生することもありません。

しかし、妊娠すると唾液の性質がアルカリ性から酸性へと傾きます。口内が酸性状態になると虫歯になりやすい環境になります。虫歯はただ歯が痛むだけでなく、強烈な口臭も発生させます。

このような流れから、妊娠すると口臭がきつくなる場合があります。口の中が知らないうちに酸性へと変化していっているのが、大きな要因と言えます。

つわり中の不規則な食事から歯磨きが適当になりがち

口臭を予防するためには何かちょっとしたものを口にした後でも丁寧な歯磨きを心がけたいです。

妊娠中はというと、特に初期の場合はつわりがやってくると今までのように1日3食といったように決めて食事を取るのが難しくなります。食べられる時にちょっとずつ食べるというスタイルになります。

不規則な食事になると、だんだんと食べる度に歯磨きをするのが面倒になります。よって歯磨きの回数が減り、口内には歯石や歯垢が溜まり虫歯や歯周病を引き起こします。虫歯や歯周病は口臭も発生させるので、口内の不衛生から口臭となって現れてしまいます。

つわりの期間は安定期に入る頃には落ち着く人が多いです。つわりの間どのように過ごすのかが口臭の有無も左右すると言えるでしょう。いつでも歯磨きがしやすい環境にしておくと億劫にならずにケアできるかもしれません。

自分なりに歯磨きをまめにできるような対策を考えてみるのも良いでしょう。

ドライマウスになりやすい

妊娠中は体温が上がると言いますが、これは全身の新陳代謝が活発になっている証拠です。体温の上昇に伴って、口内はドライマウスになっていきます。

よって、ドライマウスになることは仕方のないことと諦めてそれを改善できるような対策を考えるようにしましょう。

その他にも体温が上昇することによって水分をまめに補給するようになり、甘いジュースなど糖分が多く含まれている飲料を飲んでいると虫歯や歯周病を招くことになります。ここから口臭が発生することもあるので、水分補給に選ぶ飲み物にも慎重にならないといけません。

妊娠中は常にドライマウス状態になっていることもあります。たまに自分の口臭を確認すると結構臭うかもと感じるケースもあります。ドライマウスになっているとわかったら、今度は飲むものにも注意して過ごしてみましょう。

妊婦におすすめの口臭対策

妊娠中の口臭を何とか改善したい、妊娠期間を口臭とさよならして快適に過ごしたいという人のために妊婦におすすめの口臭対策を集めました。といっても安全で基本的な方法となるので、今一度おさらいするつもりで読んでみてください。

マウスウォッシュ

口臭を感じた時にすぐに使って対処できるのが、このマウスウォッシュです。口に少量を含んでうがいをするだけで気になる口臭を消してくれるので、妊娠中の動きづらい体でも問題なくできるでしょう。

歯磨きができない時にもマウスウォッシュをしていると、何もしていないよりは口臭の予防につながります。

マウスウォッシュにもいろんな商品があるので、自分の好みの味のものや価格などから選んでみてください。

できれば妊娠中ということなので体に負担の少ない低刺激タイプのマウスウォッシュが良いでしょう。つわりの時にもマウスウォッシュでうがいをすると気分がすっきりして吐き気が飛ぶので、生活の中でしっかりと活用できます。

まめに歯磨きやうがいをする

妊娠中の口臭対策の場合にも欠かせないのが、歯磨きとうがいです。特に何かを食べた後には歯磨きを徹底するという点を心がけてもらいたいです。歯磨きの際に歯ブラシを使って隅々まで磨くと細菌や歯についた汚れも取れるので口臭の原因を除去できます。

そして、丁寧な歯磨きが済んだら最後はうがいも丁寧にしましょう。うがいはできるだけたくさんした方が良いです。その方が最後まで残っている汚れもうがいで流すことができます。

つわり中はうがいだけでも良いので習慣にすると口臭や虫歯で悩まずに済むでしょう。うがいと歯磨きを習慣にするだけで、口の中は清潔を維持できます。

妊娠中はできるだけ体調も万全な状態でいたいと思うので、口臭で悩むことのないように歯磨きやうがいを徹底しましょう。妊娠中に虫歯や歯周病になって歯科に通うことはできないので、お口のトラブルを起こさないようにケアをすることが大切です。

こまめな水分補給

妊娠中はドライマウスになりやすいと説明しました。ドライマウスになると口内には細菌が増え始めるので、口臭の元ができてしまいます。

そこで、ドライマウスを改善するためにもこまめな水分補給を日課にしましょう。あまり喉が乾いていなくても口の中が乾いていると思ったら、少量を口に含むと口臭の原因が流れてくれます。

水分補給をする際には、水がおすすめです。水はカロリー0ですし、糖分も含まれていないので虫歯にもなりません。そして、常温でもおいしく飲めて、食事の際や好きなタイミングに飲むことができます。

いろんな飲み物があって目移りしてしまうと思いますが、口臭対策にはシンプルな水が一番です。まとめ買いしておくと重たい体で買いに行く必要もないので便利です。

妊娠中の口臭対策には定番のものを紹介しましたが、乳酸菌を摂取すると口臭改善につながるとも言います。これは乳酸菌に口臭の元となる菌の発生を抑制する力があるからです。

妊娠して便秘に悩む人も多いので、乳酸菌も意識して摂取しておくと口臭予防につながるでしょう。

まとめ

妊娠中になってから口臭に悩むようになると原因は何だろう、これから先も口臭で悩むことになるのだろうか・・・と一人で悩んでしまうでしょう。

でも、妊娠中に口臭が出やすいのにはちゃんと理由があります。唾液がアルカリ性から酸性に変わってしまっている、ドライマウスになっている、不規則な食事で歯磨きが疎かになるので汚れが溜まりがちになるといった点が口臭の原因として考えられます。

そこで、口臭対策としては基本となる点を徹底しましょう。丁寧な歯磨きやうがいを基本とし、マウスウォッシュでのうがい、水でこまめな水分補給といったことに気をつけてみましょう。

妊娠中は約10ヶ月となっています。その期間中ずっと口臭に悩むのはお腹の赤ちゃんにも不安が伝わってしまうのでよくありません。原因と対策法を知って口臭と向き合ってみましょう。