加齢臭とアルコールには関係性が!飲み過ぎ・二日酔いには注意を

年齢とともに気になってくる加齢臭。アルコールを若い社員と飲みに行くとなると、臭いが気になって飲み会自体がおっくうになる方もいるのではないでしょうか。

加齢臭は、運動不足の人にもみられますが、飲酒によってもニオイがひどくなると良く耳にします。これって本当なのでしょうか?飲酒前後の対策で何とか加齢臭を抑えることはできないものでしょうか。

これから飲酒による加齢臭の予防について、考えていくことにしましょう。

アルコールによる発汗は普通の汗と違うの?

そもそもアルコールを飲むと加齢臭が増すというのは本当でしょうか。暑いときに掻く汗とお酒を飲んだときの汗には違いがあるのでしょうか?

お酒を飲むと汗が出やすくなるというのは、多数の人が経験していることだと思います。これはアルコールに血管を拡張して血流を増す効果や、汗腺を活発にする効果があるからです。アルコール摂取したら体内でカロリーが消費されますが、これも体温を上げるので、相乗効果もあってさらに汗を掻くことになります。

アルコールを飲んだときの汗は、アルコールが汗腺の働きを活性化するので、ワキガもたくさん出ます。脇の下には、アポクリン汗という汗腺があり、特にニオイのきつい汗が急激に出るのです。もちろんほかの部分から出る汗の中の皮脂にも9-ヘキサデセン酸は含まれていますから、ニオイの元になるノネナールも産生しやすくなります。結果としてニオイがきつくなってしまうのです。

もう一つ、アルコールを飲むとニオイがきつくなるという理由に、アセトアルデヒドの存在があります。アセトアルデヒドはアルコールを分解する過程でできる物質で、通常はアルコール→アセトアルデヒド→酢酸に至って体外に排出されます。この働きは肝臓が担っており、過度に飲み過ぎると分解しきれずに二日酔いの原因になります。

分解されずに血中に残ったアセトアルデヒドは、汗や呼気に混じって体外に排出されます。これがタンパク質系の「刺激臭」です。肝機能がもともと弱い人や、病気で肝機能が低下している人は、少量のアルコールでもこのような結果になります。

アルコール以外でも、アルデヒドが増加する場合があります。腸内でタンパク質が異常発酵した場合です。肝機能が低下していると同じように汗にアセトアルデヒドが混じり、においがきつくなります。

お酒を飲むときのつまみには、肉や魚などタンパク質や脂分の多い料理がよくあいます。そのため、加齢臭が相乗効果となってニオイが増すことになります。

アルコールを飲んだ後の汗は臭いがきつくなる?

アルコールを飲んだ後のニオイは、もともと加齢臭の原因となるノネナールが多く作られるだけでなく、アセトアルデヒドのニオイも加わるので、かなりきついニオイになるのです。

しかも、このニオイはアルコールが分解されるまで続くので、二日酔いの日などは朝出勤しても出続けることになり、気にする人には聞いただけで憂鬱になりそうです。

このニオイを少しでも抑えるには、お酒を飲んでいる時から気をつけなければいけません。お酒を飲むとタバコを吸いたくなる人もいますが、アルコールとタバコを同時に摂取することは厳禁です。タバコのニコチンにも体臭を増加させる作用があり、ますますニオイがきつくなります。

おつまみについても、脂っこい唐揚げなどタンパク質のものはできるだけ少なくし、冷や奴やサラダなど、野菜や豆腐など、胃に優しいものをたくさん摂取するように心がけましょう。

そして何より、飲み過ぎないことが大事です。

発泡酒やビールなどは加齢臭がきつくなる?

「加齢臭は気になる、でも、飲まないわけにはいかない」。アルコール中毒の心配がある人は別ですが、アルコールは精神的な緊張状態を緩和してくれる効果もあります。ストレス社会といわれるほどストレスが多い中、お酒でストレスを解消するのも大事なことです。

アルコールを飲むなら飲み過ぎないことは大前提ですが、飲み方で加齢臭を抑えることができるのなら、実践してみる価値はあるでしょう。

例えばアルコールの種類。人気のカロリーカットの発泡酒。安価な上にカロリーオフで健康に優しいイメージがあります。ところが、含まれる炭酸がアルコールの吸収を早めてしまう上に、アルコール性低血糖をひきおこしてしまう危険性があります。これが原因で加齢臭を高めてしまう可能性があります。

余り聞き慣れないアルコール性低血糖症ですが、以下のようなメカニズムで起こります。

  1. 肝臓ではいつでも栄養分を出せるように、余ったブドウ糖をグリコーゲンとして蓄えているほか、糖新生(グリコーゲン以外から糖を作り出すこと)との役割を担っています。
  2. アルコールが入ると、肝臓ではアルコールを分解する働きが加わり、優先的に行われるために、グリコーゲンをブドウ糖に分解していきます。一方で、糖新生はそれに追いつかず、血糖が下がってしまいます。
  3. アルコールはさらに脳に低血糖の情報を伝えにくくするので、ブドウ糖を摂取することが遅くなり、低血糖になってしまうのです。ひどい場合には意識障害が出ることもあります。そうでなくても、低血糖になると二日酔いとして症状に現われ、加齢臭も増してしまいます。

宴会では、最初はビールで乾杯し、そのあと日本酒や焼酎などいろんなお酒を飲む場合もあります。なんでも飲める人は相手にあわせて焼酎やワイン、ウイスキーと変えていく人もいます。

ビールで酔いやすくなっている上に、アルコール度数の濃いお酒を一緒に飲むのはニオイだけでなく、二日酔いなどの危険を増すことになるので注意しましょう。

では、比較的加齢臭の出ないお酒はないのか?というと、ポリフェノールが多い赤ワインなどは効果が期待できます。お酒は嗜好品なので、赤ワインばかり飲むというわけにはいきませんが、どんなお酒でもOKな雰囲気であれば、赤ワインを選ぶのも1つです。

赤ワインなどに含まれているポリフェノールで加齢臭予防をしよう

赤ワインには、抗酸化作用があることで知られる物質です。アルコールを分解する過程でできるアセトアルデヒドも、加齢臭の原因となるノネナールも、物質が酸化することで算出される成分です。ポリフェノールはそれを抑制してくれる働きがあります。

そのうえ、赤ワインに含まれるアルコールによって、腸からのポリフェノールの吸収されるため、効率的にポリフェノールが摂取できるわけです。

ただし、同じワインでも白ワインはポリフェノールが少なく、赤ワインであれ、白ワインであれ、飲み過ぎるとアセトアルデヒドが出過ぎて加齢臭予防にはなりません。くれぐれも適量であれば、という話であることを理解してください。

まとめ

アルコールと加齢臭には関連性があります。アルコールを飲むと生成されるアセトアルデヒドは、加齢臭の原因となるノネナールとよく似た化学構造をしており、加齢臭が増すことになります。

冬場は何かと飲み会が増えますが、くれぐれも飲み過ぎには注意して、二日酔いをしないように心がけましょう。加齢臭を抑えるには様々な方法がありますが、歯磨きなどを行っても、体内から出てくる汗に含まれるアセトアルデヒドのニオイが翌日まで響いてくるので、寝る前にシャワーを浴びることはもちろん、水を飲むなどしてアルコールの分解を早めるように努力しましょう。

アルコールを飲む際にも、できれば赤ワインや日本酒を適量に飲めば、ビールを飲むよりも加齢臭を抑える可能性があります。ビールなどの発泡酒は翌日にも残りやすいのです。

おつまみにも刺身など、消化の良いタンパク質を選び、大量に食べないようにすることでアセトアルデヒドを抑えることもできます。

楽しく宴会が過ごせるように、くれぐれもエチケットには気をつけてお酒を楽しみましょう。