口呼吸の治し方をチェック!!鼻呼吸には口臭予防をはじめ色んなメリットが!

口臭は自分だけでなく相手にも不快感を与えてしまうので、口臭対策は社会人としてはしっかりしておくべきです。マナーの1つとも言えるでしょう。

その口臭の原因の1つに口呼吸であるという特徴があります。つい口が開いてしまう、口で呼吸していることが多いと感じている人は、鼻呼吸の人に比べて口臭が発生しやすく、さらに臭いがきつくなる傾向にあります。

そこで、口呼吸から鼻呼吸に変えていく必要があります。ここでは、口呼吸へ変えていくための治し方について紹介します。毎日の生活の中でどんなことに気をつければ口呼吸へ変えていけるのか説明します。

さらに、鼻呼吸のメリットもいくつかピックアップしたいと思います。

口呼吸の治し方

まずは、鼻呼吸から口呼吸に治していく方法を以下に記します。鼻呼吸に変えるだけでも口臭が軽減されるので、試してみる価値はあります。

鼻での呼吸を意識する

口呼吸から鼻呼吸に治していくために重要となるのが、鼻での呼吸を意識することです。特にテレビを見ているとき、本を読んでいるとき、パソコンに向かっているときなどの人と話していない時にしっかり口を閉じるように意識しましょう。

この時に鼻が詰まっていると苦しいので、口呼吸を治していくためにも鼻の通りをよくしておきたいです。鼻が詰まっているのに鼻呼吸をするのは辛いです。

鼻呼吸をすると喉の乾き具合も変わってきてメリットがたくさんあるので、鼻を意識して動かすようにしましょう。

あいうべ体操

口呼吸から鼻呼吸へ治していくために、有効とされているのがこのあいうべ体操です。

日頃つい口が開いてしまう人は、口周りの筋肉が弱いことも関係しています。そこで、口周りの筋肉を鍛えようというのがこのあいうべ体操の目的です。口周りの筋力をつけて自然と口が閉じた状態が維持できるようにしていきます。

あいうべ体操のやり方

あ、い、う、べの4つの文字を順番にしゃべるだけで良い、とても簡単な体操です。最初は「あー」と思い切り口を開いて、「いー」の時は口をできるだけ横に伸ばします。「うー」の時は口をすぼめて、最後の「べー」では舌を思い切り出します。

このあいうべ体操はテレビでも紹介され、やり方も簡単にできるので口周りの筋肉を鍛えて口呼吸を改善していくにはぴったりです。

毎日数回このあいうべ体操を日課にするだけで、口周りには自然と筋力がついてきます。その結果特に意識をしていなくても口を閉じるようになるので、毎日継続して行うと効果は見られます。

睡眠時はマスクを着用

普段起きている時は鼻呼吸になるように意識していても、眠っている時は無意識に口呼吸になっているかもしれません。そして、眠っている時に自分が口呼吸か鼻呼吸のどちらになっているかをチェックすることはできません。

そこで、眠っている時にも口呼吸を治すためにマスクを付けて寝ましょう。この時、マスクの付け方にもポイントがあります。

口はしっかり覆うようにして、鼻はマスクから出しておきましょう。そうすると自然と口ではなく呼吸しやすい鼻の方が呼吸するようになります。眠っている時に鼻呼吸ができると、口内の乾燥を防いで風邪予防にもつながるのでメリットがたくさんあります。

せっかく口呼吸を治していくのなら、眠っている時にもきちんと対策を取って改善できるようにしましょう。

枕の高さを調整する

眠る時に使用する枕は睡眠の質を大きく左右すると言われています。枕が合っていないと全身に不調を感じて、体の疲れがすっきり取れないという話も聞きます。

それほど重要な枕ですが、質だけでなく高さも重要です。枕の高さが合っていないと気道を圧迫するような形になり、口呼吸になってしまいます。

これを防ぐためには、床と顔の高さが並行になるように枕の高さを調整したいです。高すぎても低すぎても良くないのがわかるでしょう。

呼吸がしづらいと眠っていても疲れが取れませんし、結局口呼吸になってしまいます。今使っている枕の高さが自分に合っているかどうか一度チェックしてみましょう。ベッドの横に鏡を置いてから寝転んで確認すると見やすいです。

枕の高さは口呼吸にまで影響してくるので、適当に選ぶのではなく自分の体の状態に合ったものを慎重に選んでください。

鼻呼吸のメリット

口呼吸の治し方をいくつか紹介しましたが、次に鼻呼吸にすることでどんなメリットが得られるのかという話をしていきたいと思います。

免疫力アップ

鼻呼吸に変えていくと体の免疫力もアップします。鼻の中には鼻腺毛というものがあり、これがあるおかげで鼻から侵入してきた細菌などが除去されています。また吸い込んだ空気の温度や湿度を調整する働きも持っています。

よって、鼻呼吸に変えると口呼吸の時よりも細菌を体内に侵入させずに済みます。さらに冷えた空気を直接体に入れるのを防ぐことが出来るので、体が冷えるのも予防できるといいます。

ここから体温が高い状態を維持でき、細菌などを取り込まずに済むので、鼻呼吸にするだけで免疫力がアップすると言われているのです。

口臭改善

口臭は主に口内に存在する細菌の数によってひどくなるかどうかが分かれてきます。口呼吸の時は口から簡単に細菌が入ってきますし、口内が乾燥することによってさらに細菌が好む環境が出来上がります。

しかし、鼻呼吸に変えると口内に侵入してくる細菌の数を大幅に減らすことができ、口内にも唾液が分泌されている状態になるので細菌が繁殖して口臭になるのを防げます。

鼻呼吸に変えただけで口臭が気にならなくなったという例もあるので、それほど口呼吸と鼻呼吸には違いがあることがわかるでしょう。

虫歯や歯周病の予防

鼻呼吸にすると虫歯や歯周病の予防もできるの知っていましたか?鼻呼吸は口内の唾液が少なくなるのを防ぎます。

そのため一定の湿度を維持することができ、虫歯や歯周病を予防する効果があります。唾液に含まれるリゾチームという成分が口内の細菌をやっつけてくれるので、唾液がたくさん分泌されていると、その分口内を清潔に保つことができます。

ここから、虫歯や歯周病になりにくい口内環境が出来上がります。鼻呼吸にすることで歯のトラブルにまで影響してくるのは驚きですが、これも事実です。

代謝が良くなり美肌効果がある

鼻呼吸をすると体の代謝がよくなるとも言われています。鼻呼吸をしていると深く呼吸をするので、その分たくさんの酸素を体内に取り入れることができます。よって、全身に流れる酸素の量もしっかり確保できます。

ここから、全身の代謝が活性化され痩せやすい体にも変わっていきます。さらにダイエット効果にプラス美肌効果も期待できるので、鼻呼吸のメリットは女性にとっても嬉しい点があります。

まとめ

まとめ口呼吸は良くないと言われますが、治していくには日頃どれだけ意識して過ごせるかが重要になります。

ポイントとしては、鼻で呼吸をするように意識する、あいうべ体操をして口周りの筋肉を鍛える、睡眠時にマスクを着用して鼻呼吸にする、枕の高さを調整して口呼吸から鼻呼吸へ変えていくといった方法がありました。

その次に鼻呼吸のメリットも紹介しました。

  1. 免疫力アップ
  2. 口臭改善
  3. 虫歯や歯周病の予防
  4. 全身の代謝アップ

鼻呼吸から全身に及ぶメリットがあるので、さっそく今日から鼻呼吸を意識して行いましょう。