飲みすぎた翌日のお酒臭さはどこから?アルコールと口臭について

お酒を飲みすぎたあとのお酒臭さ、いったいどういう仕組みになっているんでしょうか?

『お酒を飲みすぎると酒臭くなるのは当たり前…』そんなふうに思っていませんか?実は、お酒によって起こる口臭は、食べものや飲み物の工夫で抑えることが可能です。

お酒を飲むことによって口臭が発生するしくみと、その対策についてお伝えしてゆきます。明日、大切な商談なのに、どうしても飲まないといけないお付き合いがあった…という時にも力になってくれるものをご紹介してゆきます!

飲酒が口臭に繋がる原因とは?

アルコールは、胃の中に入ったあとは、そのほとんどが小腸で吸収後、肝臓で代謝されてアセトアルビデビドという物質に変わります。お酒を飲みすぎると肝臓でアセトアルデビドが処理しきれないということが起こります。

この処理しきれなかったアセトアルデビドが血液とともに体内を巡ったあと、肺から呼吸によって外に出てゆくときには口臭となって出ていくのです。これがアルコールが口臭に変わる仕組みです。

このアセチアルデビドは口臭のほかにも二日酔いの時に生じる吐き気や頭痛も引き起こすもととなっているんです。

日本人は、アセチアルデビドが分解されにくい体質の人が多いとされているんです。また、アルコールを原因とする口臭にはもう1つの原因があります。

これは、水分不足によるものと言えます。アルコールを摂ることによって利尿作用が強まるのはご存知でしょう。

利尿作用が強い飲み物を飲むと、アルコールという水分を取りつつも、体内の水分が不足するという事態が起こるのです。お酒を飲んだあとに、お水を飲んですっきりする感覚は、水分不足によるものだったんですね。

また、アルコールによる水分不足は体の水分だけではなく、口の中の水分も落としてしまいます。これによって口の中の悪玉菌が活性化して、口臭が発生します。

飲酒による口臭の改善方法

このようにして、発生する口臭ですが、どのように改善すればいいんでしょうか?その方法について見てゆきましょう。

水分補給

お酒を飲んだあとの水分不足を補うには、何といっても水分補給をするのが一番です。口の中が渇くことによって唾液が少なくなったり、ネバネバとした唾液になって、口臭が発生するのを止めてくれます。

この時のおすすめは、ストレートに水を飲むのが良いですが、スポーツドリンクやお茶などでも良いです。

この時に、利尿作用がある飲み物を飲んでは、再び水分が不足するので、利尿作用がある飲み物は避けましょう。この時の水の量は、お酒を飲んだ量の倍が良いと言われています。次から次へと美酒を堪能したあとでは、その倍の量を飲むのはかなり大変かもしれませんね。

ここで利尿作用の高い飲み物をご紹介します。利尿作用を引き起こす成分は、人口甘味料や糖分、そしてカフェインが多く含まれている飲み物です。

カフェインは有名なコーヒー以外にも、多くの飲み物に含まれています。ここでは、カフェインが多く含まれている飲み物を見てみましょう。

  • 玉露のお茶 180ミリグラム
  • 甘い紅茶 100ミリグラム
  • 眠眠打破 120ミリグラム
  • ドリップコーヒー100ミリグラム
  • 強強打破 170ミリグラム
  • 缶コーヒー 150ミリグラム
  • インスタントコーヒー 65ミリグラム
  • ココア 50ミリグラム
  • ほうじ茶 30ミリグラム
  • ウーロン茶 30ミリグラム

(※1杯あたりのカフェインの量)

いかがですか?よく知られているコーヒーの倍近く玉露のお茶にカフェインが含まれているんですね。

また、眠眠打破など眠気を覚ますための飲み物にカフェインが多く含まれているのは、カフェインの覚醒作用の効用を生かすためと言えるでしょう。

では、逆に、カフェインが含まれていない飲み物ってどんな飲み物なんでしょうか?お酒を飲みすぎたあとに飲むべきこちらの飲み物についてもお伝えします。



ノンカフェインの飲み物

  • 麦茶
  • ハーブティー
  • 黒豆茶
  • 杜仲茶

同じお茶でも、カフェインが多い方に含まれているものと、含まれていないものがあるんですね。

夏の暑さで汗をダラダラ流したあとに、麦茶が飲みたくなるのは利にかなっていると言えますね。

お酒の臭いを消す効果がある食べ物

お酒による口臭の改善方法の2つ目を見てみましょう。

もともとお酒を飲みすぎた時に口臭が発生する原因は、肝臓でアセトアルデビドの分解が追いつかないことによって体内に流れ出てしまうことによるものでした。

ここでは、そのアセトアルデビドの分解を助けてくれる食べものをご紹介します。

  • 牛乳
  • ウコン
  • 大豆
  • イカ
  • アサリ
  • ホタテ
  • ごま
  • しじみ
  • 牡蠣

といった食べもが肝臓のはたらきを良くして、アセトアルデビドの分解を促してくれます。

魚介類が多いですね。また、これらの食べものを食べる以外では、肝臓のはたらきを助けてくれる栄養ドリンクも効果的です。

これには、ウコンの力・ヘパリーゼといった栄養ドリンクが代表的なもので、ここに含まれている栄養素がアルコールの分解に力を発揮してくれると言えます。

具体的には、ウコンの力とヘパリーゼに含まれる成分とはどのようなものでしょうか?

ウコン

クルクミンという成分が肝臓のはたらきを良くし、アルコールの分解を助けてくれます。さらには、肝機能向上に大きな影響がある胆汁の分泌を良くしてくれる効果も、アルコール分解に役立ちます。

ヘパリーゼ

その名も、肝臓加水分解物といういかにもアルコール分解効果を高めてくれそうな成分が含まれていますが、本当に、その名の通りアルコールの分解を助けてくれます。このヘパリーゼは第三種医薬品になっています。

そのほかに肝機能を高めてくれる食べものとしては、良質タンパク質がとれるチーズや、肝臓に良いシジミとアルコールの分解を良くするコリンが含まれた味噌の両方を摂ることができるシジミのお味噌汁もオススメです。

翌朝はシャワーを浴びる

肝臓で分解しきれなかったアセトアルデビドは、血液の流れに乗って体内を巡ってゆきますが、それは口臭として外部に放出されるだけではなく、汗などの成分としても外に出てゆきます。

体から出るお酒臭さを洗い流すには、シャワーを浴びるのが良いでしょう。汗をかき、その汗を流すとともに、血行促進効果がアルコールの分解を助ける役割もしてくれます。

また、気持ちよくシャワーを浴びて、気持ちもしゃきっと目覚めるでしょう。

ブレスケアの為のサプリメント

先ほどご紹介した肝臓に良い食べものを食べることは、そもそもの口臭の元となる物質を体内に流れ出させないための方法でした。

それでは、口臭となってしまって出てしまったものをカバーするにはどうしたらいいでしょうか?そんな時に活躍してくれるのが口臭サプリメントと言えます。

口臭サプリメントは、その名前の通り、口臭を解決する目的で作られたサプリメントです。体内に生まれた悪臭のもとを消してくれるでしょう。

この口臭サプリメントですが、お酒を飲んだあとに飲んでその場で口臭をなくす…という使い方をするのではなく、今日のお酒の量は、肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれないかなぁーというほど飲みすぎた日の就寝前に飲むことによって、翌日の口臭を抑えてくれます。

まとめ

口臭を発生させる原因となっているアセトアルデビドは、肝臓のはたらきを良くすることによって分解が進み、口臭の元を薄めてくれるとのことでした。

そして、もう1つのアルコールによる口臭の原因である利尿作用から繋がるドライマウスは、水分を補うことで解消されるものでした。

どうしてもお酒を飲みすぎてしまう時などは、これらの食べものや飲み物をうまく取り入れることによって、対策を講じてゆきましょう。