加齢臭は男性よりも女性の方がひどい時も!男性並みのケアをしよう

加齢臭は中年の男性のものという理解が一般的です。『加齢臭=男性のおっちゃん』というイメージもあるかもしれませんが、加齢臭は男性だけでなく、女性にもあります。

男性に比べ女性の方がボディケアに対し敏感であることから堂々と加齢臭を放つ母数は男性の方が多いようですが、女性だから大丈夫だとタカをくくっていては周りから白い目で見られて初めて自分の加齢臭に気付くという事にもなりかねません。

女性の場合は閉経後の更年期に始まるといわれています。このページでは女性の加齢臭とはどのようなもので、どういった対策をするべきであるかを紹介したいと思います。

女性にもある加齢臭

男性にのみのニオイとして知られる加齢臭ですが、その原理を知れば女性にもあるということがわかっていただけることだと思います。

加齢臭は体内に蓄積した脂肪が汗とともに肌に出て過酸化脂質となり、皮脂腺から出るパルミトレイン酸(9-ヘキサデセン酸と表記されているサイトもあるが、化学的には構造の異なる異性体である)と酸化反応を起こすことで発生します。生成されたニオイ物質は「ノネラール」と呼ばれます。

脂肪が体内に蓄積するようになるのは、年齢が上がるにつれて脂肪の燃焼効率が悪くなり、また、運動をしていないと余計に筋力が衰えて基礎代謝も落ちてしまうからです。これは男性も女性も余り差がありません。

女性の加齢臭は30代で始まる?

一般的に加齢臭は40代から始まるといわれます。しかし、女性では30代から発生し始めるというのを目にします。女性の場合は、女性ホルモンと深い関係があります。女性ホルモンには皮脂の分泌を促進する黄体ホルモンと、皮脂を抑制するエストロゲンがあります。

皮脂の分泌そのものは20代をピークに低下していくのですが、エストロゲンは30代後半から減少傾向に転じるため、抑制されていた分が増える分、加齢臭の原因物質ノネラールも産出されやすいのです。

更年期の女性の加齢臭は特にきつい?

更年期になってくると女性ホルモンの減少は著しくなり、加齢臭が発生する環境は男性に近くなっていきます。相対的に女性は男性に比べて皮脂の分泌量は少ないのですが、この年齢になるとその差も小さくなってくるので、加齢臭も男性並みに発生するということになります。

さらに更年期というのはホルモンバランスが崩れた状態になりやすく、体調も優れないことが多くあります。そうするとストレスもたまり、これが加齢臭を増加させる原因にもなるので、更年期になるとニオイがきつくなるといわれるのです。

しかし、若い人でも生理中は黄体ホルモンが盛んに分泌され、皮脂の分泌が促進されるために、一時的に加齢臭は強くなります。この頃には、ニキビなど皮脂が多いことによる肌荒れがみられるのもこのことが原因です。

女性の加齢臭が特にきつい部位は?

気になる女性の加齢臭ですが、原因が何となくわかってきても対策はどのようにしたら良いのでしょうか。

まずは加齢臭の発生しやすい場所からケアをしていけば、加齢臭をかなり抑えることができます。その発生しやすい場所とは以下のような所です。

  • 前額
  • 頭皮
  • うなじ(耳の後ろ)
  • 陰部

基本的に男性も女性も発生しやすい部位の環境は同じです。ノネラールは汗で出てくる過酸化脂質と、皮脂腺から出るパルミトレイン酸の結合により生成されるので、汗腺や皮脂腺の多い所、なおかつ汗が流れにくいところで発生しやすいといえます。

女性の場合、長い髪の毛で頭皮が蒸れやすい環境にあります。耳元やうなじもロングヘアなら風通しも悪くなります前額部も汗腺や皮脂腺が多いため、ニキビが出やすいと思いますが、風通しはよいので、加齢臭はそれほど気にならないと思います。しかし、生え際では加齢臭がする人もいます。

ただし、加齢臭がひどい箇所は個人差が多く、必ずしも耳の後ろや頭皮で加齢臭がひどいとは限りません。これは汗腺や皮脂腺の密度が人によって異なるためです。

ともあれ、まずはニオイのひどいところをキレイにすることから始めましょう。男性と同様、特に夏は頭皮がキレイになるように、しっかりシャンプーしましょう。耳の後ろは汗を掻いたらアルコールの効いた汗取りシートなどでぬぐっておくこともエチケットです。

女性の加齢臭の原因とは?

男性の加齢臭と女性の加齢臭の原因は共通で、濃度の差こそあれ、内容に差はありません。しかし、女性の加齢臭のほうがキツイと感じることもあります。それは加齢臭に加えて女性に特有の体臭が混ざり合って男性とは異なったニオイがするのです。

30代で加齢臭が始まるという人の中には、男性にもあるミドル脂臭を指し示している場合があります。ミドル脂臭は女性にもあります。首筋や耳の後ろから油臭いニオイがするなら、ミドル脂臭を疑ってもよいでしょう。

ミドル脂臭は、アルコールの飲み過ぎや運動不足や疲労蓄積、冷え症などで出やすいニオイだといわれています。男性社員とバリバリ働く女性は疲労もたまりやすいですから、知らないうちにミドル脂臭がするということもあるでしょう。

女性ホルモンの黄体ホルモンが影響して起きる生理時期のニオイもイヤなニオイのひとつです。特に脇の下や陰部まわりからはミドル脂臭の出やすい部位になります。

「女性のニオイといえばフェロモン臭があるのでは?」と思う男性もいるようですが、現代人はフェロモンを感じる嗅覚は退化してしまっているので、ニオイとしては関係がないということになります。女性の魅力はニオイではなく、うちからの魅力であったり、視覚情報として見えるスタイルであるということがわかってきています。

加齢臭を含めた女性のいやなニオイを抑制するには、ニオイの発生する場所を清潔にしておくことと、蒸れないようにすることが大切です。シャンプー後も手早く乾かし、頭皮をマッサージして血行をよくしておくことが大事です。

脇の下や陰部まわりについても汚れをしっかり洗います。普通の石鹸を使うと痒みが出る人は、いわゆるデリケートゾーン専用石鹸を使うと解消される場合があります。

まとめ

女性には加齢臭はないと思ってケアしていないと、人からイヤなニオイがすると敬遠されてしまうかもしれません。過敏になる必要はありませんが、男性と同じように、一定の年齢を過ぎる頃には、意識して体を清潔に保つように心がけましょう。

女性には男性と違って、生理があり、閉経に伴う更年期も男性よりはっきりしています。生理の期間には黄体ホルモンの影響で加齢臭が一時的にひどくなることがありますし、閉経後にはエストロゲンが極端になくなることで男性と同じ環境になります。

また、30代を過ぎる頃から加齢臭がひどくなるという話もありますが、いわゆるミドル脂臭と加齢臭が混ざり合ってニオイがひどくなっている可能性もあります。体をキレイにするとともに、運動をして汗を掻きやすい体質に改善していくことや、食事をバランスの良いものに改善し、規則正しい生活を送ることを心がけようにも注意したいところです。

女性の場合、ダイエットで極端な食事制限をしているのもよく聞きますが、一時的に体重が減ったとしてもリバウンドがひどくなるばかりか、健康にも良くありません。新陳代謝も悪くなることで、脂肪や老廃物が体にたまり、イヤなニオイの原因を作っていることにもなります。

極端なダイエットは加齢臭などの原因になることもよく理解した上で、ニオイ対策をしていきましょう。