飲み物にも注意して口臭の予防、対策をしよう

普段飲み物は何を飲むことが多いですか?食事のときはお茶や水、お酒のどれかが多いと思いますが、食事の合間にはその日の気分でいろんな飲み物を飲むでしょう。

ジュースや炭酸飲料もあれば、お茶といってもウーロン茶や緑茶、紅茶などたくさんあります。

そこで、飲み物でも口臭を予防できることを知り、水分補給のために利用する飲み物で口臭を予防できるようにしてみましょう。口臭を予防する飲み物はたくさんあり、手軽に飲めるものもあるのでチェックしてみてください。

飲み物がもたらす口臭予防の効果

飲み物を飲むと口臭にはどんな効果が現れるのでしょうか?

唾液の分泌の促進

口臭は唾液が少なくなることから細菌が繁殖しやすい環境になり発生すると言われています。そこで、飲み物を飲むと唾液の分泌を促進できるのでおすすめです。

唾液が口内にあることで細菌の繁殖を抑えて清潔に保つことができます。しかし、日々の環境の中で口内が乾燥し唾液が少なくなることもあります。

そんな時にも飲み物を飲むと口の中を潤すことができ、水分不足を解消できるので唾液の分泌も促進されます。この唾液の分泌が促進されることから、飲み物を飲むと口臭の予防ができるのです。

汚れを流す

飲み物を飲むと唾液を分泌させて口内を潤すことができますが、飲み物を飲み込むことで口内にある汚れも流すことができます。

口内に残っていた食べかすなどが飲み物を飲むことによって少しでも流れていくと、口臭を抑えられます。

ただしすべての汚れを飲み物を飲んで流すのは無理なので、口のケアも必要です。一時的に飲み物で汚れを流すことで口臭を予防できるというものになっています。

口臭を予防する飲み物

飲み物で口臭が予防できる仕組みは理解できました。しかし、飲み物であれば何を飲んでも良いというわけではありません。そこで、口臭対策の時におすすめな飲み物を紹介しましょう。

緑茶

緑茶にはカテキンという成分が含まれています。このカテキンには強い殺菌・消臭作用があるので、口臭にも効果が期待できます。

カテキンは強い抗酸化作用も持っているので、体の酸化を予防して体の中から発生する臭いも抑制してくれます。

さらに、緑茶には虫歯を予防する働きもあるので、虫歯から発生する口臭を防ぐこともできます。緑茶はペットボトル飲料でもいろんな商品が出ていて、気軽に飲めるお茶の1つでどんな食事にも合うので日頃から飲むようにしてみましょう。

牛乳

牛乳が口臭予防をしてくれる飲み物だと知っていましたか?特にニンニクなどを食べた後の口臭に牛乳は効果があります。

これは牛乳にはニンニクなどに含まれるアイリンという臭い成分を包み込む働きがあるからです。特に牛乳を食前に飲んでおくと、その後の口臭を予防してくれます。

牛乳はいつでもすぐに飲むことが出来るので、食べるものの中にニンニクが含まれているときには事前に飲んでおくと安心です。

なめたけ茶

なめたけ茶はなたまめ茶として調べると、商品がヒットします。なたまめという豆から抽出されたお茶で、なたまめに含まれるカナバニンという成分が口臭に効果があることが最近の研究によって明らかになりました。

さらに、なめたけ茶は膿を出したり炎症を抑える抗炎症作用もあるので、膿や炎症が原因で口臭が発生している際にその原因を解決することができます。

なめたけ茶はなたまめ茶という名前でいくつかのメーカーからお茶が販売されています。飲みやすいものもあればちょっと飲みにくいと感じてしまうものもあるので、数種類を試してみてその中で一番飲みやすいものを続けて飲んでみると良いでしょう。

ウーロン茶

ウーロン茶にはタンニンという成分が含まれています。タンニンは殺菌作用に優れた成分で、口内に細菌が繁殖するのを抑えてくれます。

さらに、ウーロン茶にはタンニン以外にカテキンやポリフェノールも含まれているので、口臭を解消するのにはぴったりな飲み物となっています。

食事のあとにもウーロン茶を選んで飲むと口内をさっぱりとさせてくれ、口臭もなくしてくれるので利用してみましょう。

ストレートの紅茶

紅茶もストレートにすると口臭予防に活用できます。紅茶にも緑茶と同じようにポリフェノールが含まれています。

よって抗酸化作用があるので、口臭の予防に役立てられるのです。ただし、紅茶はストレートに限ります。砂糖などをいれると虫歯の原因になるので、紅茶で口臭予防をするのならストレートで飲むようにしましょう。

ココア

ココアはホットやアイスを選ぶと年中おいしい飲み物です。甘さが疲れた体にも染み入ります。そんなココアはおいしく飲みながら口臭対策もできる飲み物となっています。

ココアにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールといえば抗菌作用があると言われており、歯周病を抑制して口臭の発生も抑えてくれます。このポリフェノールの量は実は緑茶やウーロン茶よりも多いと言われています。

よって、緑茶やウーロン茶で口臭が改善できなかった人はココアを試してみると効果を実感できる可能性が高いです。

口臭の原因の1つに口内の乾燥があります。この口内の乾燥を防ぐには唾液を分泌することが大切です。そこで、カロリーやその他の副作用を気にすることなく飲めるのが水です。

水は水分補給の中でも基本となる飲み物です。無味無臭でどんな食事の時にも利用できます。飲み物によっては逆に口臭を強めてしまうものもありますが、水についてはその心配がいりません。

ペットボトルの水であれば持ち運びも便利で常温でもおいしく飲むことが出来るので、唾液の分泌を促すためにも水はたっぷり飲みましょう。

レモン水

レモンにはクエン酸が含まれており殺菌作用や抗炎症作用に優れています。口内のバクテリアも除去してくれるので、歯のトラブルの予防もできます。

レモン水は作るのも簡単です。水にレモンを絞って完成なので忙しくても簡単に作れるでしょう。

レモンに含まれるクエン酸は口臭の原因となるタンパク質を分解する力もあるので、レモンを上手に使うと口臭対策ができるのです。

ジャスミン茶

ジャスミン茶といえば中華料理の際に出される後味すっきりなお茶で、ホットでもアイスでもおいしく飲むことができます。

このジャスミン茶でも口臭予防ができます。ジャスミン茶には独特の香りがありますが、この香りとお茶に殺菌作用が含まれているので、ジャスミン茶を飲んでいるだけで自然と口臭対策ができてしまいます。

ジャスミン茶は口臭予防以外にも二日酔い対策やダイエット効果もある万能なお茶なので、いつもと違うお茶で口臭ケアをしたいときにはジャスミン茶も使ってみましょう。

味噌汁

味噌汁は飲み物とは言い難いかもしれませんが、口臭の予防ができるスープとなっています。

味噌汁を食事の合間に飲むと口の中がさっぱりとして、次に食べる料理がおいしく感じられます。これは味噌汁に嫌な臭いを中和する働きや封じ込める力があるからです。

食べ物によっては食べているときはおいしくても、食後に臭いを放つものもあります。そんな時にも味噌汁を食事の時に飲んでおくと口臭を抑えることができます。

まとめ

口臭予防に活用できる飲み物には数多くの種類があります。緑茶やウーロン茶、牛乳、味噌汁などと身近に利用するものもあれば、ジャスミン茶、なめたけ茶、レモン水とちょっと変わった飲み物もありました。

それぞれ持っている特徴は異なりますが、口臭対策に活用できるのは事実です。ぜひ気になる飲み物から飲んで、口臭にどんな変化が出るか調べてみましょう。