イソジンでのうがいは口臭の予防・対策になるのか?

イソジンといえば風邪予防のために用いるものです。水にイソジン適量を加えてうがいをすると菌をやっつけることができます。

そんなイソジンに口臭を予防する効果があるらしいのです。これはイソジンを1本持っておくと毎日活用できそうですね。さっそくイソジンが口臭を予防してくれる理由も紹介しましょう。

イソジンには殺菌効果がある?

イソジンはあの茶色い液体と独特な臭いで苦手という人もいるかもしれません。薬局でも売っていますし、歯科に通っている時に消毒のために処方されることもあります。

イソジンが風邪予防などに利用されるのは、口内や体内に侵入しようとしている細菌を撃退する力があるからです。ここから、口臭の予防や対策もできると言われています。

イソジンにはポビドンヨードという成分が含まれており、これには強い殺菌作用があります。ポビドンヨードが入っているイソジンでうがいをすることで、口や喉についている風邪の菌などをやっつけてくれます。

さらに、ポビドンヨードは風邪の菌をやっつけるだけでなく口臭の原因となる細菌も撃退する効果があります。そのために、口臭予防にイソジンを使うことが出来るのです。

口臭は主に口内に蔓延している細菌たちのせいで発生しています。口内には数え切れないくらいたくさんの細菌が住んでいて、食べかすをエサにして繁殖をしています。

細菌がエサを分解するときに悪臭ガスが発生すると言われており、揮発性硫黄化合物とも呼ばれています。揮発性硫黄化合物にはいくつか種類があり、メチルメルカプタンやジメチルサルファイド、硫化水素といったものがあります。

メチルメルカプタンは腐った玉ねぎのような生魚のような臭いが特徴です。ジメチルサルファイドはいわゆる生ゴミの臭いです。最後の硫化水素は硫黄の臭いとなっています。

このような細菌をイソジンの殺菌作用が退治してくれるので、イソジンを使ってうがいをすると口臭の予防や対策ができると言われているのです。イソジンに含まれている強い殺菌作用を持ったポビドンヨードがポイントだったのです。

イソジンの口臭予防は一時的

イソジンに含まれるポビドンヨードによって気になる口臭の対策ができるということですが、イソジンでうがいをするとどれぐらい口臭を予防できるのでしょうか?

イソジンでうがいをすると、約1時間くらいは口臭を予防してくれるといいます。ただし、この時間については個人差があるので一概に何分効果が持続しますということは言い切れません。

通常コップ一杯の水に対してイソジンを適量入れてうがいをしますが、その時の体調や口内環境によって持続時間は異なります。人によって口内にある細菌の量や唾液の量も違うので、時間に差が生じてきます。

そして、イソジンでも解消できない口臭があるので注意しましょう。イソジンでうがいをしても意味のない口臭には、胃腸や肝臓が原因で発生している口臭があります。内臓から来ている口臭はイソジンでうがいをしても効果を感じられないのでうがいをする意味がなくなってしまいます。

体内の環境が原因で発生している口臭にはイソジンは意味をなさないので、自分の口臭の原因を知っておくことも大切です。内臓系の疾患があって口臭が出ているときはイソジンを使っても仕方がないと思い、病気を治すことから始めましょう。

イソジンはどこの家庭にも置いてある風邪予防のうがい薬ですが、気になる口臭を撃退する力もあるので上手に活用していきたいですね。

まとめ

イソジンは身近なうがい薬であり、風邪の細菌をやっつけてくれるだけでなく口臭の原因となっている細菌も退治してくれます。

そのポイントはイソジンに含まれるポビドンヨードという成分でした。口臭の原因となる細菌を撃退するので、口臭を一時的に消してくれます。イソジンを使った口臭対策はあくまでも一時的であることを忘れないようにしましょう。平均1時間くらいが持続時間と言われています。

また、内臓系の疾患から口臭が発生しているときにはイソジンを使ってうがいをしても意味がないので無駄になってしまいます。

まずは口臭の原因を追究して、イソジンを使った口臭対策もやってみると良いでしょう。薬局で手軽に手に入るうがい薬なので、1本持っておくと健康管理にも活用できるでしょう。