オキシドールで口臭の予防や対策はできるのか?

オキシドールといえば消毒の時に使う、そんなイメージを持っているでしょう。しかし、怪我をした時の消毒にオキシドールを使うため、家の薬箱にしまっているという家庭も多いでしょう。

そのオキシドールは口内の消毒もしてくれるということで、今回どんな効果があるのか考えてみたいと思います。オキシドールを使ったうがいの方法もチェックして、口臭対策を始めましょう。

オキシドールとは?

オキシドールはボトルでは薬局でよく見かけますが、実体についてあまり知らないという人も多いと思います。そこで、オキシドールとはどういったものなのかといった点から解説をしていきます。

オキシドールは酸素と水素でできた過酸化水素という物質です。これを水溶液にしたものを過酸化水素水と呼びます。この過酸化水素水の濃度が3%になっているものをオキシドールといいます。

無色透明の液体で酸素を発生させることができ、この酸素に殺菌作用があるため消毒用として日常生活の中でも用いられています。

3%と薄い濃度の過酸化水素水がオキシドールであること、殺菌作用があるので消毒に使われることが多いというのが特徴となっています。

オキシドールうがいをしよう

オキシドールは消毒のためにしか使ったことがないという人も多いでしょう。しかし、消毒という点からオキシドールでうがいをすると口内の殺菌もできるのです。口内の殺菌ができることから口臭対策ができると言われています。

日本ではこのオキシドールを使ったうがいはあまり知られておらず抵抗を感じる人が多いかと思いますが、アメリカではよく行われている口臭ケアの1つになります。

ただし、オキシドールをそのまま口に含んでうがいをするのではありません。オキシドールを水で割ってからうがいをしましょう。オキシドールだけでは濃すぎて刺激が強すぎます。

目安としては、オキシドールを水で3倍から10倍に割ったものでうがいをしましょう。いくら薄めても消毒に使うものを口に入れて大丈夫?という不安が残ると思うので、次の項目でオキシドールの安全性について考えてみましょう。

オキシドールの安全性

オキシドールはかなり薄めてうがいに使用するのがポイントでした。では、ここではオキシドールの安全性について解説しましょう。

口に含んで良いものか不安に感じている人も多いと思いますが、実はオキシドールの用法のところには口内炎の洗口や口腔粘膜の消毒と記載されています。つまり、オキシドールは口に入れても問題ない液体ということになります。

オキシドールは口に含んでも安全であるということがここからわかりますが、濃度の高いオキシドールだと粘膜には刺激が強いので、濃いオキシドールで何度もうがいをするのはよくありません。

その点だけがオキシドールでうがいをする際の副作用となっているので、濃度と回数に気をつけてうがいをすれば問題ありません。

オキシドールうがいをする時の注意

オキシドールはうがいにも活用できて殺菌作用があることから口臭対策に使うことができます。そのオキシドールでうがいをする時の注意点も以下に記しておきましょう。

歯磨きをした後にオキシドールでうがいをしよう

オキシドールでのうがいは口臭に効果を発揮してくれますが、適当なタイミングでうがいをするよりもきちんと意識して正しい時に行うべきです。

そこで、オキシドールでうがいをする前にはきちんと歯磨きを済ませておきましょう。歯磨きをせずにオキシドールでうがいをしてしまうと、残っている歯垢によってオキシドールの成分が細菌にまで届かない恐れが出てくるからです。

細菌にオキシドールの有効成分が届かないと意味がないので、歯磨きで一通りの汚れを除去してからうがいをするようにしましょう。

歯磨きをする前ではなく、した後にオキシドールでのうがいを試してみましょう。

基本の口臭対策は丁寧な歯磨きで

オキシドールを使ったうがいはただの水で行うよりも口臭対策ができるのは事実です。しかし、オキシドールにすべてを頼るのはよくありません。

やはり、基本の口臭対策は丁寧な歯磨きとなっています。歯磨き粉も成分を厳選して作っているものを選びつけすぎないようにして、歯の1本1本を丁寧に磨きましょう。

うがいですべての汚れを取り除けるわけではないので、まずは丁寧に歯磨きをするのが前提となります。まずは歯ブラシで歯と歯の隙間に詰まっている汚れをきれいに除去するようにしましょう。

歯磨きを完璧に行うだけで多くの口臭が改善されます。その延長の口臭対策として、オキシドールでのうがいをやってみましょう。

誤って飲み込まない

オキシドールは薬品です。口内に入れても安全な薬品となっていますが、うがいのために用いるだけにしてうっかり飲み込まないようにしましょう。

オキシドールうがいは濃度を薄めて使っているのでさほど体に影響があるわけではありません。しかし体質によってはオキシドールの毒性に反応して副作用のような症状を訴える場合もあります。

特に高齢者や小さなお子様にオキシドールでのうがいをするときには、飲み込まないように十分注意したいです。不安なときはオキシドールは使わない方が良いでしょう。大人であれば問題ありませんが、飲み込んでしまう恐れのある人には使用するのに注意が必要です。

オキシドールで口臭チェック

オキシドールはうがいをして口臭の対策ができるだけではありません。自分の口臭がどれぐらい発生しているのかを確認することも可能なのです。

オキシドールを水で2倍に薄めたものを口に含みブクブクとうがいをして、コップに吐き出します。

コップに出てきたオキシドールの泡立ち具合を確認しましょう。泡がたくさん出ているようなら、すでに口臭が発生しています。これは、オキシドールが口内にある臭い成分であるカラターゼに反応しているからです。

泡が多ければ口臭がきつい可能性があること、歯周病や虫歯ができている可能性もあるので口内環境を見直すべきです。オキシドールでは手軽に口臭の確認もできるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

オキシドールは消毒液として知られていますが、口に含んでも問題ない薬品となっているので口臭対策にオキシドールでうがいをすることができます。

この時にオキシドールは3倍から10倍に水で薄めたものを使用しましょう。濃度が濃いと粘膜を傷つけてしまったり、少量が体内に入ってしまった時に副作用が出ても困ります。

そして、オキシドールうがいをするタイミングとしては丁寧に歯磨きした後に行いましょう。きちんと汚れを落としてからオキシドールでうがいをしないと、口内の細菌にまでオキシドールの成分が届きません。

オキシドールは安全と言われていますが薬品なので飲み込むのは危険です。よって、高齢者や子供がオキシドールを使ってうがいをする際には十分注意をしないといけません。不安なときは使用をやめた方が良いです。

さらに、オキシドールでうがいをしたものをコップに出して泡の状態をチェックすると、口臭のレベルも確認できます。泡がたくさん出れば口臭がすでに発生しているサインとなるので、口臭対策を始めましょう。

オキシドールは常備しておくと消毒としてだけでなく、口臭予防にも活用できます。子供の手の届かないところに保管して、いつでも使えるようにしておくと良いでしょう。