子供の口が臭う?子供の口臭の主な原因と自宅でできる口臭対策!

口臭が気になる人というのは、大人に多いイメージってありませんか?しかし、実は子供の口の中にも口臭は発生します。その原因にも、大人と同じ原因によるところも多くあります。

では、一体どんな原因によって子供の口臭は発生するのでしょうか?今回は、子供の口臭とその対策について見てゆきましょう。

子供の口臭の主な原因3つ

まずは、子供の口臭の原因と呼べるものを以下に3つ上げました。これはどちらかと言えば、口の中がある一定の状態になることによって口臭が発生するということでしょう。ではその3つの原因を1つずつ確認してゆきましょう。

歯磨きの不足

子供の口臭の原因でまず考えられるのは「歯磨き不足」です。歯磨きが不十分で口の中に汚れ残ったままになっていると、細菌が繁殖します。これは大人の口の中であっても、子供の口の中であっても同じです。それが積み重なっていくと、プラークとなって口臭が発生してきます。

また、お母さんがまだ歯磨きをしているような小さなお子さんの場合は、お母さんの歯の磨き方のクセなどで食べ残しが残ったままになっていたり、汚れが落ちていないということから、口臭や虫歯が発生します。

どちらにしても、小児歯科で一度先生に相談するのもいいでしょう。また、子供であっても歯周病になることがあります。歯を磨いたときに、歯茎から血が出るようなことがあれば、歯周病に向かう歯肉炎であることが考えられます。それも合わせて相談するのが良いでしょう。

口呼吸

口呼吸をする習慣がつくと、口の中が乾燥して、ドライマウス状態になり、唾液の分泌量も低下します。唾液の分泌が少ないと、細菌を殺す力が弱くなり、虫歯や口臭の原因となります。こちらも、大人も子供も変わりはありません。

子供の場合は、離乳が早かったりすることなどで、口の周りの筋肉がしっかりと成長しないままになっていると、気が付けば口が開いている、というような状態になりがちです。

そして、鼻呼吸ではなく、口呼吸が自然になり、寝ている時も口が開いたままの子供も多くいます。また、それ以外にも鼻づまりなどで口呼吸になってしまうこともあります。鼻呼吸に戻すためには、口の周りの筋肉を鍛えるほかいろいろな方法があります。

鼻づまり

先ほどの、口呼吸になる原因の1つでもある「鼻づまり」です。まさか、鼻づまりが口臭につながっているというのは、ピンとこないかもしれませんね。

鼻が詰まっていると、口で呼吸をするしかなくなります。特に、小さいお子さんは、自分で鼻がかめないので、ほおっておくと、口呼吸をすることが自然になってしまいます。

この鼻づまりの原因は、風邪を引いた時に一時的に起こる鼻づまりや、花粉症などのアレルギーのほかにも鼻茸(ポリープ)・急性副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎などが上げられます。

それ以外に考えられる原因

ここまで上げたものは、詰まるところ、口の中が渇くことなどで細菌が繁殖し、口臭が発生するというものでした。しかし、これ以外にも原因はあります。まず1つ考えられるのが、胃炎などの胃の病気が考えられます。

胃の病気であったり胃が弱ると、食べ物がなかなか消化されず、それが発酵することによって、ニオイの元が発生し、血液の流れにのって、肺から外に吐き出されます。また、ただ単にニオイの強いものを食べたことによって口臭が発生しているということも考えられます。これは大人も同じですね。

たとえば、ネギやニンニクなどです。しかし、ニオイが強い食べ物を食べたことによって発生する口臭は一時的なものですので、時間がたてば消えていくものです。また、食べ物を原因とする口臭は、すぐにそれと分かるものでしょう。口臭の原因がいったい何なのか、まずはしっかりと判別を付けて対策を打つ必要があります。

子供の口臭を改善するには?

このような原因によって起こる口臭ですが、どのような方法で改善できるのでしょうか?次に、口臭対策となる方法を見てゆくことにしましょう。

歯磨きをしっかりと

歯磨きの不足に対してまずできることは、丁寧な歯磨きです。これは、ただ単にサボらずに歯磨きをする、ということだけではありません。歯の磨き方には誰しもクセがあります。その磨き方のクセによって、どうしても磨き残しが出てきてしまいます。たとえば、右利きの人と左利きの人では、比較的しっかりと磨ける場所と磨きにくい場所というのは違ってきます。

また、噛み合わせが悪かったりすると、細菌が溜まりやすい死角が生まれてしまい、そこからプラークがたまり、口臭が発生してしまいます。隅々まで丁寧に、磨き残しなく歯磨きをするようにしましょう。お子さんの歯磨きは乳歯が生えた頃から必要になってきます。特に乳歯はまだデリケートで、エナメル質も薄いため、虫歯がすぐに神経にまで到達してしまします。

虫歯になる可能性が高い奥歯までしっかりと磨くようにしましょう。この際のブラッシングは1箇所20回ほど磨くのが良いとされています。また、幼い頃から、「歯磨きは気持ちがいい」という感覚が身に付くと、その習慣がその後も歯を守ってくれます。

うがい

次に効果的とされているのが、「うがい」です。口臭は、口の中が乾燥することによって細菌が増えやすくなり、その結果、発生するとされています。うがいによって、口の中を潤し、たまっていた細菌を外に出すと、口臭の原因がなくなってしまいます。そして、口の中に水分を含むことでも、唾液の発生量に変化があらわれます。こういった仕組みから、うがいが口臭に効果的なのです。この時に口をすすぐ水の量はコップ1杯の水が目安です。

水分補給

水分補給も効果があります。これは、うがいと同じ理屈で、乾燥していた口の中を潤すことができるということが大きいです。そして、唾液の分泌が良くなることも期待できます。唾液は、口臭のもととなる口の中の細菌を殺す作用をしてくれます。この時の水分補給ですが、量の目安はいに地1.2リットルほどが良いとされています。

ただし、お腹をくだしやすい人はもう少し少なめでも大丈夫です。この1.2リットルの水は1日かけてちびちび飲むのではなく、決めておいた時間で何度かに分けて飲みます。そして、口臭予防対策として、体に与える水分ですので、汗をかいてのどが渇いた、という時やご飯の後など必然的に体が水を欲する時など、必要時以外に飲むようにします。

まずは、朝起きたら歯磨きをし、そのあとで300ccほど飲むのが良いでしょう。このことにより、唾液の分泌が活性化し、朝食が吸収しやすいです。それ以外は、お食事の合間の空腹時に飲むのが良いでしょう。口臭予防の水分補給に適している飲み物は、お水のほかには、炭酸やお砂糖を含まないスポーツドリンクがオススメです。

耳鼻科の受診

そして、あまりにも気になるようであれば、耳鼻科を受診するがの良いでしょう。特に、鼻づまりなどで、口呼吸になってしまっている子供の場合は、その原因をしっかりと診てもらうことができます。また、口臭は、口の中の渇き以外にも、蓄膿症(別名、副鼻炎)を原因としても起こります。この蓄膿症も耳鼻科でしっかりと治療を受けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?口の中が乾燥することによって、細菌が繁殖し、口臭が発生する。その仕組みは大人も子供も同じでした。そして、それに対する対応策も大人と同様に口の中の渇きをいかに防ぐかということに重点が置かれてきます。

口臭を防ぐ方法は、うがいや水分補給、丁寧な歯磨きという自宅でできるものがほとんどでした。まずは、できることに取り組み、それでも気になるようであれば、耳鼻科に行って診てもらいましょう。