体臭を予防できる食べ物ってあるの?

食べるという行為は、人間にとって必要不可欠なものです。しかし、その食べることが原因で体臭がもたらされることもあります。そうした体臭理由は、食べ物の匂いに起因するものもあれば、臓器の不調が原因だったりと様々です。

ここでは、食生活が原因で体臭が起こるメカニズムや体臭を予防できる食品や食べ方、そして臓器と体臭の関係性を絡めた対処法について紹介させていただきます。

体臭を予防できる食べ物ってあるの?

体臭の一因としてあげられるのが、便秘や下痢によって腸内環境が悪化したことでアンモニアや悪玉菌による悪臭を持った成分が発生することがあります。

その腸内環境を改善するのに有効な食品は食物繊維と乳酸菌で、これらを多く摂取するのが肝要です。ぜん動効果で腸壁を刺激する食物繊維は腸内の老廃物を排出させるのに役立つため、腸内環境を改善させるのに役立ちます。

乳酸菌は、これを摂取することで腸内に善玉菌を増加させ、体臭の原因である悪玉菌を減少させることができます。これによって腸の働きも良くなり、食物繊維と同じように老廃物の排出に役立ってくれるのです。

その乳酸菌には、動物性と植物性の2通りがあります。動物性よりも植物性の乳酸菌の方が生きたまま腸に届く可能性が高いため、植物性乳酸菌がおススメです。その植物性乳酸菌が豊富なのはぬか漬けや味噌、キムチなどの発酵食品があり、動物性乳酸菌を多く含んだ食品としてはヨーグルトがあります。

対する食物繊維が豊富なのは野菜全般、きのこ、果物、海藻類などです。乳酸菌と共に積極的に摂っていきたい食物繊維ですが、一度に多くの食品を摂取するのは容易なことではありません。

そこでおススメなのが、『めかぶ納豆』や『豆腐とわかめのみそ汁』と言った『食物繊維と発酵食品、とくに植物性乳酸菌』の組み合わせです。これらの食品を日常的に取り入れ、腸内をきれいにすれば腸に起因する体臭の予防が見込めます。

他にも体臭に効果的な食品としては、植物油と酢があげられます。『オレイン酸』を含んだオリーブオイル、『a-リノレン酸』を含むシソや胡麻の油は酸化しにくく、血流改善が見込める油です。皮膚の酸素不足から来る汗の匂いを防ぐ効果があると言われており、体表から来る体臭を防ぐのに役立ちます。

酢に抗菌効果があるのは有名ですが、それによって腸内の有害な菌類を減らして、腸の働きも活発化させることができます。その抗菌力は口腔や消化器官にも及ぶので、腸以外の臓器から来る体臭にも効果的なのです。酢はどの種類でも効果を発揮できるうえ、デザートや飲み物にも使われることがあります。

食物繊維、乳酸菌、酢、植物油の4点を上手に摂取し、腸内だけでなく体の各所から体臭を予防していきましょう。

体臭を予防にはバランスのいい食生活?

体臭の主なもとは、皮脂や汗など体内からの分泌物ですが、これが悪臭になるか否かは、食生活に影響されることもあるのです。特に注意すべきなのは油脂とたんぱく質で、揚げ物や肉類、チーズなどを大量摂取すると、内臓脂肪や皮下脂肪と共に皮脂の量も増えます。

こうして皮脂が増えて酸化しまうと、脂肪酸脂質になって体臭が悪化するのです。一方のたんぱく質は、先述した腸内環境が悪化させる悪玉菌の餌になるため、摂り過ぎは悪玉菌によるアンモニアや硫化水素を生む原因になり、体臭の原因になります。

その悪循環を解消するには、バランスの良い食生活を送るのが一番です。たんぱく質と脂肪を摂り過ぎないように心を配り、緑黄色野菜・ナッツ類・きのこなど抗酸化力が強い食べ物を多く摂り、脂肪酸脂質を作りにくい体質にしていきましょう。

抗酸化食品を摂取するといい?

体臭の一因に、汗の匂いと言う原因があります。その汗を出す汗腺には、サラサラした汗を出す『エクリン腺』とべた付く汗を出す『アポクリン腺』と言う2種類がありますが、体臭の原因になると言われているのが、後者のアポクリン腺です。

こうして記してしまうと汗そのものが悪者のように見えてしまいますが、実は汗自体に臭いはなく、皮膚にいる皮膚常在菌が不快な体臭を発しています。そして、アポクリン腺から出されるたんぱく質と脂質を含んだ汗こそが、独特な臭いを発生させているのです。

汗による体臭に効果的なのが、たんぱく質が豊富でその消化にエネルギーを要するために汗をかきやすくなる肉類や、汗を多く出す原因になる辛いもの、アリシンと言う臭いを生む物質を含むニンニクを摂り過ぎないことです。もうひとつが、抗酸化食品を摂取することです。

抗酸化作用がある食品は、緑茶や各種の緑黄色野菜をはじめ、玄米や豆腐、かんきつ類、メロン、蕎麦などがあります。いずれも、ビタミンCとビタミンE、βカロテン、ポリフェノール、カテキンなどを豊富に含んでおり、たんぱく質と脂質の酸化、そして酸化臭を防ぎます。

これらの食品は食物繊維の摂取による腸内環境の改善、もしくは抗酸化によるアンチエイジング効果も見込めるので、体臭を防ぎつつ体質向上も見込めるので、おススメです。

抗酸化食品で腸内を綺麗に保てる?

ここでは、体臭の一因である腸内環境の悪化を防ぐための方法を説明します。腸内環境が悪化すると体臭を構成する成分を発生させる悪玉菌が増殖してしまい、それに伴う形で腸からも活性酸素が排出され、やはり皮脂を酸化させて体臭の原因になると言われています。

この活性酸素の過剰発生を抑制するのが、抗酸化食品です。活性酸素はウイルスなどから身体を守るのに不可欠ですが、過剰に発生すると正常な細胞がさび付いてしまい、身体に悪影響が出ます。その活性酸素を抑えてくれる抗酸化食品は、以下の通りです。

1.フィトケミカル

フィトケミカルは抗酸化以外には免疫力強化など身体強化に役立つ成分で、果菜類に含まれるものとしては、トマトやスイカなどに含まれるリコピン、リンゴ・みかん・アンズなどに豊富なペクチンがあります。それ以外の食品では、カカオや赤ワインに含有されるポリフェノール、大豆製品から摂取できるイソフラボンがフィトケミカルを含む抗酸化食品です。

2.ビタミン類

ビタミン類は基本的に野菜・果物類に含まれているもので、食物繊維摂取も兼ねて積極的に摂りたい食品群に多く含まれている成分です。ビタミンCはジャガイモやイチゴ・レモンに、ビタミンEはアボカドやナッツ類に多く含まれています。βカロテン(ビタミンA)はカボチャや人参、ほうれん草など緑黄色野菜に含まれており、腸内環境の改善にも効果があるのです。

3.ミネラル

ミネラルは、先述したビタミン類の抗酸化作用を助ける効果を持ち、活性酸素を抑えるのに欠かせない成分です。有効なミネラルとしては牡蠣やレバー、コムギの胚芽などに含有される亜鉛、大豆や魚介類、玉ねぎなどに含まれているセレンがあります。

人体には本来、抗酸化力が備わっているのですが、ストレスや喫煙、農薬など外的要因から活性酸素が増えがちです。これらの抗酸化食品を摂取することで過剰分泌される活性酸素を抑制し、皮脂の酸化を防ぎましょう。また、抗酸化食品には腸内環境の改善にも役立ってくれる食べ物が多いため、結果として酸化と悪玉菌両方による体臭を抑えるのに効果があるのです。

腸内バランスを整えると体臭改善につながる?

一見すれば関係ないように見えますが、腸内環境は体臭と口臭と切っても切れない関係にあります。

腸内に悪臭物質がたまって汚れてしまうと、質の悪い血液が作られたり、それによる血管の老化と肝機能低下を招いてしまうのです。そうなると腸と肝臓の機能が弱まり、悪臭物質が増える悪循環になってしまいます。

そうなると肝臓での解毒も限界が来てしまい、余剰した悪臭物質は血液を通して全身を巡り、呼気が口臭、汗などが体臭になってしまうのです。そのうえ、内臓の機能低下は免疫力も低下させるので、雑菌を抑える常在菌も弱体化させてしまい、ますます体臭はきつくなります。

それを解決するには、腸内バランスを整えることが必要です。腸内を整えるには、便を長時間にわたって腸内にとどめさせないことと、善玉菌を増やして腸内環境を守ってもらうことの2つがあげられます。

快便をもたらすには、便を腸内にとどめてしまう消化吸収の良いものだけを食べず、豆や穀類、海藻などに含まれる食物繊維を摂りましょう。腸内は吸収されにくさを活かして不要な水分やコレステロール、悪臭物質を便として排出できます。ミネラル豊富な海藻類はおススメです。

善玉菌の増加に効果的なのは乳酸菌、特に植物性乳酸菌です。ヨーグルトなどの動物性も有効なのですが、植物性の方が腸内に届くまで生き伸びるので、植物性乳酸菌を多く含んでいる醤油や味噌、ぬか漬け、キムチなどをおススメします。動物性乳酸菌も、その死骸で腸内の老廃物を排除する助けになるので、バランス良く摂取したいものです。

腸内環境を改善するのは、この2つを行うだけでなく、悪玉菌が好むたんぱく質や油脂を多く含んでいる肉料理、スナック菓子、インスタント、ファーストフードなどを摂り過ぎないことも大事ですし、オリゴ糖摂取やサプリメントによる支援も欠かさず行いましょう。こうして腸内環境を改善することが、体臭と口臭の改善にもつながっていきます。

まとめ

食べ物ばかりか、時として食べる行為そのものが体臭や口臭を招く可能性を持ってはいますが、栄養バランスや食べ方などちょっとしたことで改善は可能です。また、清潔にすることや腸内環境を悪化させないように気を配るのも、体臭の原因を抑えることができます。

特に本項で紹介した、腸内環境を整えたり、皮脂による体臭を防ぐ抗酸化食品は臭いを防ぐうえではおススメの食べ物です。