心を病む「自臭症」に気をつけて!

大して体臭があるわけでもないのに「自分はくさい」と思い込んでしまう病気「自臭症」が問題となっています。今回は「自臭症」とは具体的にはどんな病気で、どんな人がなりやすいのかを解説します。

自臭症ってなに?

話し相手がいつも口に手を当てている。「ガム食べる?」ってよく聞かれる。「もしかして自分が臭っているのかも!?」と思い込んで心を患う「自臭症」という精神病があるのをご存知ですか?「自臭症」は精神疾患の一種で、ひどくなると本来なら臭っていないのに「クサい」と感じる幻臭が現れるようになることもあるそうです。

また、周りが自分のことをクサいと思っているという被害妄想を抱くようになることもあります。

自臭症患者は幻臭から1日に何度もお風呂に入ったり、ことあるたびに歯磨きをしたり手を洗ったり、着替えをするようになったりといった症状が現れます。

自臭症が悪化すると、人と接することができなくなる「対人恐怖症」になってしまう恐れがあります。電車やバスに乗ることや職場に行けない、ちょっとした外出にも恐怖を感じるようになってしまうのです。

自臭症の原因とは?

日常生活の中で臭いに敏感な人がなりやすい病気です。過去に臭いが原因でいじめられた経験がある、あるいは友人や恋人から体臭、口臭、ワキガなどを臭いと指摘されたトラウマなどがある人は発症しやすいと言われています。

自分が臭うかどうかを確認するには?

結構臭いには敏感で、自臭症が怖い…。という人は自分が本当に臭うのかどうかをまずは確認してみることが大切です。臭いは「気のせい」ということも多く、気にしすぎないことが大切です。

本当に臭うのであれば、臭いを抑える方法が色々とあるわけですから、対策をすれば問題ありません。

確認する一番の方法は実際に臭いのかどうかを「聞いてみる」ことです。家族や親友に自分が臭うかどうかを素直に聞いてみましょう。信頼できる人から「大丈夫」という言葉をもらえば不安は吹き飛びます。信頼できる人という点では、歯科医院でお医者さんに聞いてみるのも一つの手です。どうしても人には聞けないという人は臭いチェッカーなるものも売られていますので試してみましょう。

自臭症って治るの?

自臭症は心の病気。そのため、精神科や心療内科を受診しましょう。心理療法から薬物療法までその人の症状にあった治療があります。実際に臭いが強くある場合はその臭いを抑える治療を行い、不安感を減らしていきます。

自分の匂いがする気がする

昔はワキガなど体臭が気になっていた人も、今ではワキガを手術で治すことが可能です。でも、自臭症の人は臭いが完全に消えていても「臭い」とおもいこみ、それが幻臭となって現れます。

そのため、ワキガが治っているのに「まだ治っていない!」といって何度もクリニックを訪れるようになるそうです。

次に記載する内容に心当たりがある人は自臭症になる可能性が高いと言えます。

  • 「となりの人がマスクをしているだけで自分の臭いかもと気になる。」
  • 「前に座っている人が席を立っただけでビクビクする。」
  • 「同じ部屋にいる人が窓を開けて換気をしただけで怖い。」
  • 「ガム食べる?=お前の口臭いんだよ、というサインだと思う。」
  • 「ヒソヒソ話はすべて自分への悪口に聞こえてしまう。」
  • 「鼻のきく動物、犬や猫が自分にだけ寄ってこない。」

どれもこれもたまたまであることが多いのですが、これらを臭いと結びつけてしまう性格の人は気をつけましょう。

過度な自意識が招く自臭症

男女問わず、10代の若者から歳を重ねた年配の人までかかると言われる自臭症。繊細な性格の持ち主はなりやすいと言われています。

また、自分の意見を主張しない大人しいタイプも危険です。症状が軽度な場合は、社会生活も問題なく送れます。ただ、人の視線を気にしてしまって、常に不安な気持ちが付きまといます。

症状が重度になると、外に出ることができなり、「自分は臭い、自分は迷惑をかけている」と自暴自棄になって社会生活もままなりません。

精神科の治療が必要になります。改善にはあまり意識をしすぎないようにして心療内科などで「心のマッサージ」をする必要があります。

自臭症は精神的な病気?

では、自臭症の具体的な治療法を見てみましょう。「精神分析療法」という方法があります。精神分析療法とは心理学者フロイトが考案した治療法で、医者と患者が対話を行う中で患者の精神を分析していく療法です。

まずは「自分の好きなこと」をどんどんと話してもらい、その話の中から精神分析療法をもちいて対人関係のクセを分析します。

例えば、彼女が手料理を振舞ってくれたのですが、半生の豚肉料理が出てきました。彼女は「牛肉はよく焼かないとダメ、豚肉や鶏肉は生で食べても大丈夫」と間違った認識をしていることがわかりました。寄生虫がいるから豚や鳥はしっかり焼かないとダメなんだと正しい知識を伝いえたいが、そんなことを言って彼女に嫌われたらどうしよう。そんなクセの有無を精神分析療法をも用いて見極めます。

次に、本人が気付いていない「人との関わり方のクセ」を自覚させます。

「自分のことを知る」ってことが治療の第1歩なんですね。そしてクセに対応した改善方法を伝授し、実践してもらいます。すると、徐々に症状が改善されます。風邪薬みたいに即効性がある方法ではありませんが、医師と長期にわたって話をしていくことで効果が現れるようです。

では、どのくらいの治療で改善するのか?というのが気になりますが、半年程度は治療が必要のようです。また、自分が自臭症かもと思ったら、まずは医師に相談をすることが大切なようです。

ワキガの人が悩みやすい自臭症

自臭症の中でもワキガの人は自臭症になりやすいと言われています。ワキガは普通の汗臭とは違い、「アポクリン汗腺」という汗腺が関わっています。「アポクリン汗腺」は主に思春期になると、わきや乳首、陰部、耳の中などで発達する汗腺です。

色は白色で粘り気のある汗が出てきます。アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や糖質、アンモニア、鉄分が含まれています。これらが細菌に分解されるとあの嫌な臭いが発生するのです。

なんか臭いは気になるけど、自分がワキガかどうかわからない。という人は以下の項目をチェックしてみてください。

その1.父や母がワキガであるか確認する

ワキガは遺伝します。つまり、生まれつきワキガになりやすいかそうでないかは決まってしまっていると言えます。

その2.下着が黄ばむ

通常の汗は無色透明ですが、アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質などの色素成分が含まれているため、衣類が黄ばみます。

その3.人より体毛が濃い

体毛の濃さとアポクリン汗腺の量は比例します。また、毛深いと細菌も繁殖しやすくなるため、臭いが強くなります。

その4.肉や乳製品ばかりを食べている

動物性たんぱく質や脂質を多く取るとアポクリン汗腺の活動が活発になると言われています。また、口臭の原因や、汗の量も増えるためワキガ以外の体臭も発生しやすくなります。

その5.粘り気のある耳垢が取れる

アポクリン汗腺は粘り気が特長です。耳掃除をした時、乾いた耳垢ではなく粘り気がある場合は人よりアポクリン汗腺が発達している可能性があります。

まとめ

自臭症の原因、対策、治療法がお分かりいただけたと思います。あまり深刻になりすぎないようにして、気になるなら医療機関の診察を受けることが改善の第一歩と言えそうです。