ストレスによって口臭が発生する!?知られざる口臭とストレスの関係性についてお伝えします!

様々な原因が考えられる口臭ですが、実はストレスもその一つなんです。

今回の記事ではストレスがなぜ口臭につながるのか、その原因とともに、毎日の生活の中でストレスを解消できる具体的な方法を見ていきます。

まさかストレスと口臭は関係ないでしょう…と思っていた方も、思いあたるところがないか振り返ってみてください。

ストレスで口臭が悪化する原因2つ

では、ストレスと口臭はどのような関係があるのでしょうか?ここでは大きく2つの原因についてご紹介します。

唾液分泌の減少

ストレスを感じると口の中が乾燥する…という経験あなたにもありませんか?思い当たるところだと、会社や結婚式など、大勢の前でのスピーチをする事になったとき、緊張して口の中がカラカラになったことはあるかもしれません。

これはストレスによって自律神経の働きが乱れ、唾液の分泌量に影響を与えるためとされています。この、口の中のカラカラ状態は、ドライマウスの1つの症状と言われています。

ドライマウスのもう1つの症状には、口の中の乾燥のほかにも、唾液がねばねばした状態になるとされています。

目が乾く状態をドライアイと言いますが、同じように口の中が渇く状態をドライマウスと言うなんて、何とも分かりやすいネーミングですね。ではドライマウスになって唾液の分泌が悪くなると、どういう状態が起こるのでしょうか?

普段あまり意識されていませんが、実は「唾液」は大切なはたらきをしており、唾液が分泌されなくなると、「口の中を浄化する力」が弱まってしまうんです。

唾液の重要な働きの1つに「口内の浄化作用」があります。唾液は口の中に細菌が繁殖するのを抑えて口内を清潔に保つ働きがあるので、唾液が減少すると、口の中に細菌がたくさん繁殖してしまい、口臭を強めてしまうということなんです。

またネバネバの唾液は舌の下にある舌下腺という部分から分泌されるのですが、このネバネバの唾液には糖タンパク質という細菌のエサになる成分が含まれています。これにより細菌の繁殖を加速させてしまい、より一層口臭をキツくさせてしまいます。

内臓機能の低下

脳には、『交感神経』と『副交換神経』があります。それぞれ、ストレスを受けると『交感神経』が強くはたらき、リラックスモードになると『副交感神経』が強くはたらくとされています。

ストレスを受けて『交換神経』が強くはたらきすぎると、内臓機能のはたらきを適正にしている自律神経のリズムが狂ってしまいます。

ストレスにより交感神経が優位になりすぎると「自律神経」のバランスが崩れて、胃・腸・肝臓・腎臓などの内臓がもつ「本来の働き」を損なう恐れがあります。

また、ストレスを感じると胃や腸などの消化器官に影響を与えるのはよく知られていることです。これは、交換神経が胃腸のはたらきと深く関わっているためです。

このようにストレスによって内臓の機能が低下すると、体内の残った不要な成分を浄化する力が落ちてしまい、アンモニア臭・便臭・硫黄臭などになって口臭の原因ともなるのです。

ストレスを解消するには?

口臭の原因ともなるストレスの解消には、趣味を持ったり・気の置けない友人と語り合うということなどもありますが、生活習慣の改善によっても解消することができます。その方法を1つ1つ見ていきましょう。

規則正しい生活

生活習慣の改善というと、まずは、規則正しい生活リズムに戻していくことが上げられます。『毎晩遅くのネットサーフィンが私のストレス解消の元』という人にとっては、その夜更かしが実はストレスにつながっていた、というのは驚きかもしれません。

好きなことを楽しむことによって一時ストレス発散できても、体のリズムが狂うと、それがイライラにつながって、新たなストレスになるんです。

肌細胞の生まれ変わりに影響を与えると言われている時間がちょうど22時~午前2時です。お肌の健康のためにも、この時間にはできるだけ多く睡眠を取るようにしましょう。また、自律神経のはたらきの正常化のためにも、できれば、夜11時か12時ぐらいには眠りについて、朝の7時頃には起きるという習慣をつけるといいでしょう。

適度な運動

悩み事があって、家の中に閉じこもって鬱々と悩んでいたけど、外に出て体を動かしてみたら、何だか心も晴れて前向きになった…という経験、誰しもあると思います。

体を動かすことは実はストレスの解消にとても効果があるんです。また、運動をすると自律神経の働きが活性化するとされています。毎日、適度な運動を続けて、リズムを整えてゆきましょう。

お酒とタバコを控える

手近なストレス解消の題名詞ともなっているお酒。しかし、お酒によって胃が荒れると、消化不良の元となります。そしてこの消化不良が口臭の元ともなるのです。

お酒を飲んでとしても胃が荒れるほどには飲まないようにしましょう。

また、タバコが長年やめられず、中にはイライラや緊張をタバコによって緩和しているという方もいるかもしれません。タバコの害は耳にタコができるほどに聞いておられると思いますが、タバコは自律神経に過度な刺激を与え、口臭の元にもなってしまいます。

また、自律神経への影響だけではなく、ヘビースモーカーになると口の中にタバコの臭いが染み付いてしまいます。

ゆっくりお風呂に入る

ゆっくり湯船に浸かる時間がなくて、いつもシャワーで済ませている…という人も多いと思います。しかし、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることによって、体の疲れがほぐれてリラックスします。

それは、自律神経のはたらきを良くする効果があります。いろんな入浴剤を試してみて、快適なお風呂の追求をするなんていうのも楽しそうですね。

酸味のある食べ物を取る

酸味のある食べ物にはストレス解消効果があります。酸味のある食べ物の代表であるレモンは、クエン酸とともにビタミンCも豊富に含まれています。

クエン酸にはアンチエイジング効果とともに、ストレス解消効果があると言われています。また、ビタミンCも、美肌作りや免疫力強化の効果が期待できます。

ガムを噛む

『セロトニン』というホルモンの名前を聞いたことがある方はいるでしょうか?セロトニンは、別名「幸せホルモン」と言われており、安定した気持ちにさせてくれるホルモンです。

セロトニンが活発に分泌すると集中力が上がるとされています。

このセロトニンを分泌させるには様々な方法がありますが、実は同じリスムで動く反復運動を繰り返し行うことでも分泌するとされるんです。

食事の時の租借(そしゃく)にもセロトニン分泌の効果があるのですが、余計な摂取カロリーを上げないためには、ガムを噛むという行為で、セロトニンの分泌を図るのがいいでしょう。

室温調整

簡単なところでできるストレス対策では室内温度の調整が上げられます。暑くて寝苦しい夜、または、寒くて寝付けない夜どちらもストレスにつながります。

質の良い睡眠を取ることがストレス解消につながることを思うと、室内温度を適度な温度に調整することがそのための良い方法でもあります。

また、これは睡眠時以外でも言えることです。ちなみに寝室の温度の適温は、18度前後がぴったりと言われています。

まとめ

ストレスによって唾液分泌の減少が起こり、それが口臭の原因を作ること、また、自律神経のバランスが崩れることによって内蔵機能が低下して胃腸に良くない影響を与えることを見てきました。

そもそもの原因となるストレスを解消する方法はたくさんありますが、今回は日々の生活の中で意識できるポイントを中心にご紹介しています!

体と心は密接な関係がありますので、体にとって本来的な生活を送るようにするだけでもストレス解消できる部分が増えてきます。身近なところから取り組んでみましょう。