牛乳を飲んで口臭の予防、対策をしよう

牛乳は朝に飲むこともあれば、料理にも利用できる万能な飲み物です。きっとどこの家庭の冷蔵庫にも入っているでしょう。そして栄養満点でもあります。

牛乳は独特のにおいも持っていますが、なんと口臭を予防する効果があると言われているんです。

さっそく身近な牛乳でどのように口臭が改善できるのか紹介します。

牛乳は口臭に効果を発揮するのか?

牛乳はなぜ口臭を予防する効果があると言われているのでしょうか?牛乳の特徴にも触れてみましょう。

牛乳がニオイを消す食べ物

牛乳で口臭対策をするときに忘れてはいけないのが、口臭へとなりやすい臭いを持つ食べ物を食べた時に効果を発揮してくれるという点です。

ニンニクやニラ、玉ねぎなどといった臭いのきつい食べ物を食べた時にのみ有効な方法なので覚えておきましょう。

これは牛乳に含まれるタンパク質が胃に入った時に臭い成分を包み込む力があるからです。悪臭の元を包み込んでしまうので、息となって出てきた時の臭いを軽減できます。

牛乳で消せる口臭は食べ物自体に強烈な臭いがあるものに限ることを忘れないようにしましょう。口腔内のトラブルや胃腸の不調などから来る口臭の改善には効果がないので、臭いのきつい食べ物を食べたときにだけ試す価値があります。

アルコールには注意

臭いのきつい食べ物を食べた時の口臭を予防するのに牛乳が活用できますが、臭いのきついものでも牛乳が効かないものがあります。

それが、アルコールです。アルコールも独特の臭いを放ち、ずっと口の中に臭いが残ったままになりますがアルコール成分に牛乳は効果がないので、飲んでも意味がありません。

ただし、牛乳は悪酔いを防ぐ効果は持っているのでアルコールを飲む前に牛乳を飲んでおくと、その後の復活が早くなるでしょう。

アルコールから来る口臭は牛乳では太刀打ちできないので、最初から飲み過ぎないようにするしかありません。

牛乳を飲む時の注意

牛乳で口臭予防ができるのは臭い成分を持っている食べ物を食べたときのみということになります。では、牛乳を飲む時の注意点などはあるのでしょうか?

食事中に牛乳を飲もう

牛乳で口臭対策をするのなら、食事中に飲むのがベストです。食べ物が消化される前に飲んでおくと臭いを発生させる前に牛乳のタンパク質が包み込んでくれるので安心です。

食事によっては牛乳を一緒に飲みにくいと感じるかもしれませんが、ニンニクやネギ、ニラなど臭いがきつい食べ物を食べるときには意識して牛乳を飲んでみましょう。

また、食事中以外に食事の前に牛乳を飲んでおくのも口臭予防ができます。食事の前に牛乳を飲んでおくことで、胃の中で粘膜を張ってくれます。これによって胃の中に臭い成分が付着するのを予防できるので、臭いのきついニンニクなどを確実に食べるとわかっているときには事前に牛乳を飲んでおくと安心です。

食前や食事中が牛乳を飲むタイミングとしては理想的ですが、うっかり飲み忘れたけれど臭いのきつい食べ物を食べてしまったというときには、食後1時間以内に牛乳を飲むと良いでしょう。

口臭予防に効果が得られるのは1時間以内と言われているので、食後できるだけ早く牛乳を飲むようにしたいです。

このように牛乳での口臭対策は飲むタイミングも意識して行うべきです。食事の前に自分がどんなものを食べるか考えて危険かもというときには、牛乳を用意しておくとばっちりです。

臭いのきついニンニクなどの食べ物は少量しか口にしなくてもずっと後まで臭いが残っているものです。口の中からだけでなく、胃から臭っているのもわかります。

いつまでも臭いを放っていると周りにも迷惑となるので、牛乳を使った口臭ケアを始めましょう。

牛乳も口臭の原因になる

牛乳は臭いのきつい食べ物を食べるときに発生する口臭へ効果が期待できます。しかし、牛乳が口臭の原因にもなるということを忘れないようにしましょう。

牛乳には独特の臭いがあります。この臭いが苦手で牛乳が嫌いだという人もいると思います。この牛乳本来の臭いが口内に残ったままになると、口臭へとなるので注意したいです。牛乳に元々ある臭いが口臭へと変えてしまうので、100%口臭に効果的というものではないことを理解しておきましょう。

さらに、牛乳以外に乳製品にも牛乳が含まれています。乳製品といえばチーズやヨーグルトなどがあるでしょう。

乳製品を食べると口内に元々存在している細菌が乳製品に含まれるタンパク質を分解するので、臭いが出やすいと言われています。タンパク質には硫黄も多く含まれているので、より口臭を感じやすいです。

牛乳が口臭予防に良いからといって牛乳をはじめとした乳製品を食べ過ぎると、逆効果となってしまうことがあるので注意しましょう。

まとめ

牛乳は口臭予防に活用できますが、食べ物の臭いから口臭が発生している場合に限るという点がポイントです。よって、胃腸や口腔内の症状が原因で発生している口臭には効果を発揮してくれません。

そして、牛乳を飲んでもアルコールの臭いは消してくれないので注意しましょう。ただし、アルコールを飲む前に牛乳を飲んでおくと悪酔いはしないというので、お酒を飲んでも不調にならない対策としては実践できます。

牛乳で口臭予防をするときのタイミングとしては、

  1. 食事中
  2. 食前
  3. 食後1時間以内

と3パターンあります。

できれば食前か食事中に飲んでおきたいです。胃に粘膜を張って臭い成分を包んでもらうためにも、牛乳を飲むタイミングも考えてみましょう。せっかく飲むならタイミングも考えて飲んだ方が良いです。

また、牛乳がうっかり口臭を招くことになる場合もあるので気をつけたいです。牛乳をはじめとした乳製品に含まれるタンパク質が口内の細菌によって分解されるときに口臭が出やすいです。よって、乳製品の食べすぎにも気をつけましょう。

以上のことを踏まえて、牛乳を使った口臭対策を始めてみてください。