歯磨き粉を上手に選んで口臭の対策、予防を行おう

歯磨き粉を選ぶときは何を基準に選んでいますか?パッケージや価格、香りなどから自分の好きなものを選んで使っている人も多いはず。

しかし、歯磨き粉1つで口臭の予防や対策もできるんです。今使っている歯磨き粉は口臭を予防してくれるものなのか、どんな歯磨き粉を選べば良いのか考えてみましょう。

口臭予防の歯磨き粉選びのポイント

口臭を予防するためにはどんな歯磨き粉を選べば良いのでしょうか?ここでは、歯磨き粉選びのポイントをまとめます。

フッ素濃度に注目

フッ素といえば虫歯予防に欠かせない成分ですが、歯磨き粉にもフッ素がどれぐらい入っているかを確認したいです。そうすると普段使っている歯磨き粉で虫歯予防ができるので、口臭対策にもつながります。

フッ素はたくさん配合されている方が効果を実感できます。目安としては濃度が950ppm以上のものを選びましょう。

歯磨き粉の裏の表示を見るとカタカナでたくさんの成分が配合されているのを見ますが、フッ素に注目して選んでおくとひとまず安心です。虫歯や歯周病にならないために歯磨き粉もフッ素に注目して選ぶと良いです。

研磨剤の成分は少なめのものを

歯磨き粉には研磨剤と呼ばれるものも入っています。これは歯の汚れを落とすために必要であるとみなされ配合されています。

しかし、研磨剤の成分によっては少々効果が強すぎるものがあります。成分のパワーが強いとエナメル質が削れたり歯茎にダメージが加わるので、逆効果となります。歯茎がダメージを受けて傷ができると口臭を招くことにもなるので、歯磨き粉で口臭を悪化させないようにするためにも研磨剤の成分は少なめのものを選びましょう。

合成界面活性剤には注意

合成界面活性剤は化学物質であり、歯磨き粉以外であれば洗剤やシャンプーなどにも入っている成分です。

合成界面活性剤は体にはよくない成分です。そして、これが歯磨き粉に入っていると思うと必要以上にうがいをしてしまいます。このうがいのしすぎによって口内には唾液が不足して乾燥するので口臭が発生してしまいます。

体によくない成分であることは事実ですが、必死で落とそうとするために口内に必要なものまでも流してしまうので注意したいです。最初から合成界面活性剤をあまり配合していない歯磨き粉を使うのがベストと言えるでしょう。

また、合成界面活性剤入りの歯磨き粉で歯を磨くと口内が酸化するので口臭の原因となる細菌が繁殖しやすい環境になってしまうとも言われています。合成界面活性剤が入った歯磨き粉は少量でもよく泡立って使いやすいですが、デメリットの方が多いので気をつけましょう。

口臭の原因別の歯磨き粉の成分

口臭の予防のためには毎日使う歯磨き粉にも注意したいです。適当に歯磨き粉を選んでいると余計に口臭をひどくしてしまう可能性もあります。そこで、口臭の原因別にどんな成分を含んだ歯磨き粉を選べば良いのか紹介します。

虫歯による口臭に効果的なフッ化ナトリウム

虫歯菌から口臭が発生している場合には歯科で虫歯の治療を受けるのが大事ですが、毎日の歯磨きでもケアをしていきたいです。

そこで、虫歯によって口臭が発生しているときにはフッ化ナトリウムなどのフッ素を多く配合した歯磨き粉を選びましょう。

虫歯になりやすい人は、口内に食べかすや歯垢が溜まりがちです。これを歯磨き粉と歯ブラシを使ってその都度丁寧に掃除することが必要です。そして、いくらフッ素が多く含まれていても歯の表面に汚れがついているとフッ素が浸透しなくなるので、研磨剤もしっかり入っている歯磨き粉を選ぶとより確実です。

虫歯からの口臭対策には、フッ素と研磨剤入りの歯磨き粉を探して使ってみましょう。

歯周病予防に効果的な成分

口臭を予防するには、歯周病をなくすことも大切です。そこで、歯周病予防に効果的な歯磨き粉も紹介しましょう。

歯周病に効果的な歯磨き粉の成分としては、トラネキサム酸、塩化ナトリウム、塩化セチルピリジニウム、トコフェロール(ビタミンE)といったものがあります。歯磨き粉にはいろんな成分が入っていますが、歯周病で悩んでいるときはこのような成分に注目して選ぶと安心です。

トラネキサム酸は炎症を抑えてくれるので歯周病によって出血している際には効果が期待できます。歯茎の腫れにも効きます。

塩化ナトリウムは収れん作用を持っているので、粘膜を引き締めて血行促進を図ってくれます。歯周病によって弱っている歯茎を健康的にしてくれます。

塩化セチルピリジニウムは殺菌作用があるため、歯周病や虫歯などから発生する口臭を防ぎます。歯磨き粉以外にのど飴やうがい薬にも使用されている成分なので身近なものとなっています。

トコフェロール(ビタミンE)は血行促進を図り、歯の健康を守ってくれます。

このように、歯周病に効くとされている成分はいくつかあるのでどれだけ有効成分が入っているかどうか歯磨き粉を選ぶ時に参考にしてみましょう。

口腔内は健康なのに口臭に悩む方は?

特に虫歯や歯周病はないけれど口臭が気になるという場合には、きっと体内から口臭が発生している可能性が高いです。

内臓から来ている口臭は歯磨き粉を慎重に選んで念入りに歯磨きをしても改善されません。よってこの場合の口臭は原因を突き止めて、病気を治すことが大事となります。

内臓から発生している口臭は歯磨き粉を意識するというよりは、体のどこから口臭が発生しているのか原因を知りきちんと対処することが必要です。

正しい歯磨き粉の活用方法

歯磨き粉の選び方によって口内環境を改善できるので、有効成分に注目して商品を選ぶと良いです。では、その歯磨き粉を正しく使ってより口内環境を改善していきましょう。

歯磨き粉のつけすぎには気をつけよう

歯磨き粉はたっぷりつけたらその分きれいに磨けるというものではありません。つい歯ブラシの上全体に乗せてしまいがちですが、歯磨き粉は基本少量で十分と言われています。

歯磨き粉の適量は、小豆1粒分くらいで十分です。つけすぎると歯のエナメル質を溶かしてしまい、泡立ちがよくなることで磨き残しができてしまいます。また、歯磨き粉に含まれる研磨剤を使用しすぎることになるので歯を削ることになります。

歯磨き粉は本当に少しの量で良いので、つけすぎには注意して磨くようにしましょう。

歯ブラシは水で濡らさない

歯磨きをする前に歯ブラシを洗ってから歯磨き粉をつけている人も多いと思います。歯ブラシにほこりがついていても嫌だし汚れを取るために、サッと水洗いしてから使うと思います。

しかし、この水で濡らすのは歯磨きの際にはおすすめできません。歯ブラシに水をつけてから歯磨き粉をつけて磨くと発泡剤によってすぐに泡立ちます。すぐ泡立つことによってきちんと磨けていないのに磨けたように気分になってしまいます。これでは口内に細菌や食べかすが残ったままになり、口臭へとなってしまいます。

そのため、水で濡らさずに歯磨き粉をつけて磨きましょう。きれいな場所に保管しておくと汚れもつかないので、洗わずにそのまま使用できるでしょう。

まとめ

歯磨き粉は自分の口内の状態によって成分に注目しながら選ぶ必要があります。虫歯予防にはフッ素を多く配合したものを選び、研磨剤や合成界面活性剤が多く入っているものには注意しましょう。

また、歯周病を予防すると口臭が減るのでトラネキサム酸、塩化ナトリウム、塩化セチルピリジニウム、トコフェロール(ビタミンE)といった成分が入っている歯磨き粉を選んでみましょう。

歯磨き粉をきちんと選んだら、今度はいつもの歯磨きを見直しましょう。水で濡らさない、歯磨き粉はつけすぎないといった点に注意しながら歯のケアをして口臭を予防しましょう。